母の日のプレゼントがマンネリ化したらこうして素敵な贈り物

公開日:  最終更新日:2015/02/27

母の日のままの似顔絵

毎年5月の第2日曜日は「母の日」です。
母の日といえば、言うまでもなく「お母さんありがとう」と母に感謝し、母をねぎらう日です。

でもって、その意味を込めて母の日にはカーネーションを贈るというのが一般的ですが、毎年同じではマンネリ化します。
恐らく受取った母親(義理のお母さんを含め)は、笑顔で「ありがとう」と喜んでくれるでしょうが、心の奥底ではカーネーション以外にもっと望んでいるものがあることをあなたはご存知でしたか?

ということで、今年はもう一歩突っ込んでマンネリを回避してみませんか?
お母さんのより輝いた笑顔が見られますよ♪

スポンサードリンク

母の日のプレゼントがマンネリ化していませんか?

母の日のプレゼントといえば、カーネーションが定番です。
一緒にお菓子を添えたりする方もいるでしょう。

また、カーネーションといえば母の日には赤いカーネーションですよね?
でもこの習慣が形作られたきっかけは白いカーネーションだったのをご存知でしたか?
まぁ、うんちくはいいとして、現在は赤を主体に多彩な色のカーネーションが母の日のギフトとして店頭に並びます。
(でも、白いカーネーションは故人に贈る意味合いが強いので避けましょうね)
そして「母の日にはカーネーション」ということで、さして疑問も差し挟まずに今年も多くの人がカーネーションを贈るのでしょう。

しかし、それではマンネリ化していませんか?

「マンネリでも贈らないよりいいのでは?」と思う方もいることでしょうが、一年に一度の母の日ですから、もう一歩踏み込んで、贈られるお母さんが何を求めているのかを、ここらでちょっと踏み込んで考えてみましょう。

母の日のプレゼントのマンネリを防ぐ素敵な贈り物

前述の通り、母の日のプレゼントいえば赤いカーネーションです。
そしてそれが悪いとは思っていません。
でもそれ以外でどんなプレゼントがお母さんに喜ばれ、お母さんたちが一番期待している贈りものとはいったい何のでしょう?

スポンサードリンク

カーネーション以外で人気のギフトは、スイーツ、洋服、外食、バック、アクセサリー、家電、お肉、etc… と夢のあるものから現実的なものまでいろいろありますが、あるアンケートによると、贈り手(あなた)の考えているプレゼントのランキングと、贈られる方(お母さん)が嬉しいもののランキングにはギャップがあったのです。

では、そのギャップとは何なのでしょう…?

「母の日に何をプレゼントしたいですか?」という問いに対して、一位はダントツでお花(カーネーション)です。
つまり、プレゼントを贈る側のほとんどの人はお花を贈ろうと考えています。

対して「母の日にどんなものをプレゼントしてほしいですか?」というお母さん方への問いかけに対して一位だったのは… メッセージ・手紙 です。
答えを知ってしまえば「なるほど…」という感じもしますよね。

でも、正直言って、メッセージや手紙はちょっと気恥ずかしいなぁ…。
ある程度の年齢になると、それが偽らざる心境ですよね。

でも、母の日コムやポンパレモールなど複数のサイトのアンケートで、メッセージ・手紙が上位にランクインしているのも事実です。

では、お花(カーネーション)にメッセージカードだけでも添えて今年は贈ってみませんか?
もちろんカーネーション意外にスイーツやその他のものでもいいのですが、それにメッセージカードを添えて贈るのです。

今は色んなカードが売られています。
ロフトや東急ハンズや銀座伊東屋、他にも気の利いた文具店にはたくさんのメッセージカードが並べられているはずです。
その中からあなたなりに選んで、印刷されている文言だけでなく、ほんの一言でもいいから書き添えて、お花うあ他のギフトと共に贈ってみましょう。
きっとお母さんの反応はいつもの母の日とは違うはずですよ♪

まとめ

母の日のプレゼントはカーネーションなどのお花が定番中の定番ですが、もらう側の思いとしては特に物にこだわりはなく、それよりも、気持ちの部分を重視しているという傾向がお分かりいただけたことでしょう。
気恥ずかしいというのもあるでしょうが、ここは思い切って日頃の感謝の気持ちを込めたメッセーカードや手紙をお花や他のギフトに添えて贈ると、マンネリも避けられて、いつにない思い出深い母の日が演出できると思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑