梅雨時のくせ毛をどうにかしたい方の対策及び縮毛矯正の効果

公開日: 

くせ毛に悩む女性

梅雨時になると湿度が高いので、くせ毛の人は「うねる」「はねる」「ひろがる」でヘアスタイルがままなりません。
梅雨時でなくても雨の日にもやはり憂鬱になることがあるでしょう。
髪は女の命(最近は男もか?)という部分もあり、ヘアスタイルが決まらないと何事にも自信が持てなくなったりしますよね?

そんな梅雨時のくせ毛対策を模索していきましょう。

スポンサードリンク

梅雨時のくせ毛をどうにかしたい!

生まれついてのくせ毛の場合、自然に解消することはないので、何か対策を練るしかありません。

イオンドライヤーを使ったり、こまめにトリートメントしたり、雨の日はまとめ髪にしたりと、だましだまし梅雨時や雨の日を乗り切る人もいますが、抜本的な対策とは言えません。

永続的ではないですが、さしあたり小手先の手法ではなく根本的に何とかしたいなら、縮毛矯正かストレートパーマということになりそうですが、より抜本的解決を願うならどちらかというと縮毛矯正の方が色んな意味でよいでしょう。

とにかく縮毛矯正をかけた部分は真っ直ぐになるし、水に濡らしても大丈夫。
そういう意味ではプールや海だって行けるし、当然のことながら梅雨時の湿度の高さで「うねる・はねる」もありませんし、雨の日に広がってしまうなんてこともありません。
ただ、びっくりするほど真っ直ぐになるので最初は自分でも違和感を感じるかもしれませんね…。

梅雨時のくせ毛に縮毛矯正ってどうなの?

前述のように縮毛矯正はかけた部分がそれはそれは真っ直ぐになります。
ものの見事にストレート。
梅雨時だって雨の日だって髪の毛は本当に真っ直ぐでいてくれます。
逆にその真っ直ぐでストレート過ぎることに抵抗を覚える人もいるのですが、最近は根元はストレートアイロンで伸ばし、毛先はカールのアイロンでカールをつけてかける方法などもあり、また、ホットカーラーをまいたりすればいろいろ遊べるので、縮毛矯正をかけたからたといって必ずしもクレオパトラのような髪型で通すということにはなりません。

最近は縮毛矯正もニーズの増加と共に新技術や新薬品も開発されているようなので、一度行きつけの美容室で相談してみるといいでしょう。
または縮毛矯正を得意としている美容室もありますので検索して相談なさってもいいと思います。
費用は概ねカット込みで22,000円くらいはしますから、お財布には少々負担になりますが、髪の悩み・くせ毛の悩みから解放されることを思えば出して出せない金額でもありません。

それと、美容室で縮毛矯正をかける場合の注意点をいくつか書いておきます。
まず、美容室によって使う薬品が違ったりします。
正確に何種類の薬品があるのか知りませんが、経験上三種類は違いが分かります。

1.ツヤツヤ!サラサラ!マッスグ!でいいことずくめですが、たまに巻きたいと思っても、セット剤を駆使して巻いても、すぐ取れてしまうほどの真っ直ぐさ。
2.ツヤツヤ、サラサラどころか真っ直ぐにもならなくて自分にはまったく合わない
3.適度にサラサラ・ツヤツヤ・真っ直ぐで、巻き毛もできて遊べる

これらは同じ美容室での体験ではなく、恐らく各美容室ごとに使う薬品ややり方は決まっているので、気に入らないとか合わない場合は期間をおいて他の美容室に行ってみるべきでしょう。
よく「矯正し難い髪質」なんて言われる人もいるようですが、そうじゃなくてそこで使っている薬品ややり方がその人に合わないだけ。
必ずあう薬品とやり方はあるはずだから、レビューなど調べて矯正が得意な美容室で相談すると近道だったりするかもしれません。

スポンサードリンク

また、他にこんな経験もあります。
恐らく手が空いていたのか、二人の美容師さんに両側から半分ずつ縮毛矯正されたことがあります。
時間はたしかに短縮されましたが、後日、左右でストレートのもちに差が出ました。
これには参りました(泣)
美容師さんの技術の差なのか、丁寧さの差なのか分かりませんが、時間がかかっても一人の美容師さんにやってもらった方が絶対にいいです。

とにかく、くせ毛で悩むなら、色んなことにトライするより、多少お金はかかっても縮毛矯正が最も効果的で近道です。
梅雨時も雨の日も、うねらない・はねない・ひろがらない、ということについては鉄板です。

くせ毛の縮毛矯正は美容室でしかできないの?

くせ毛の縮毛矯正は美容室で行うのが一般的ですが、例えば前髪だけといった部分的な縮毛矯正なら市販品を用いてご家庭でもできます。
ウテナ プロカリテ 縮毛矯正という商品がありますが、これはまずまず使えます。
使い方も簡単でお値段もドラッグストアなどで1,200円程度でしょうか。

とはいえ、美容室で縮毛矯正するような仕上がりを期待してはいけません。
そこはそれやはり安価だし市販品ですからね。
でも部分的に使うなら、うねりの解消やボリュームダウンは期待できるので梅雨時の対策としては有効かもしれません。

また、他に美容室で縮毛矯正かけた後にカラーリングしちゃって、クセが強かった部分がうねり始めたなんてときにもその部分をこのプロカリテを使用します。
やはり抜本的な対策とは言えませんが、うねりは多少収まります。

補足ですが、縮毛矯正かけた後にカラーすると、矯正は取れやすくなります。
逆に、カラーした後に縮毛矯正かけると、色が落ちやすくなります。
なので、カラーするなら、どちらかといえばカラーした後に縮毛矯正かけた方がベターでしょう。
この辺りになるとやはり美容室で相談する方が賢明と言えますね。

ウテナ プロカリテ 縮毛矯正は全体をしっかり矯正したいというより、前髪だけ部分的とか、矯正後しばらくしてうねりが出てきた箇所等に使うのがいいでしょう。

ウテナ プロカリテ
ウテナ プロカリテ

まとめ

梅雨時にうねったり、はねたり、ひろがったりするくせ毛対策にはやはり縮毛矯正が一番の近道と言えそうです。
ただ、美容室によってあるいは美容師さんによってやりかたや使う薬品も違うので、自分の髪質に一番合う縮毛矯正をよく相談しましょう。

今年の梅雨は思い通りのヘアスタイルで乗り切れそうですね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑