ミドル脂臭について!アラフォーの臭さは加齢臭とは違うぞ!

公開日: 

ミドル脂臭

汗臭いのとも違う。
でも加齢臭とも違う。

だけどオレって臭いかも…

そんな心配をしているあなた、
それはいわゆる「ミドル脂臭」かもしれません。

ちなみにあなたはおいくつですか?
恐らく20代ではなく50代でもない…

そうですね30代半ばから、加齢臭を心配するにはまだちょっと早い40代半ばくらいではありませんか?

その年代の男性が発する悪臭が「ミドル脂臭」。

ここではその「ミドル脂臭」について解説していきます。

スポンサードリンク

アラフォーは臭いの三重苦!?

20代は当然のことながらまだ若いので、臭ったとしてもそれはいわゆる汗臭さの場合がほとんど。
臭いの発生個所は、主に脇の下のアポクリン汗腺で、汗でムレて雑菌が繁殖することにより様々な臭いがしますが、これをして一般に「汗臭い」といわれます。

50代になると今度は臭ったとするなら加齢臭。(50代だからといって全員が臭うわけでもありません)

臭いとしては、20代の汗臭さとは全く別物で、不快度は汗臭さよりずっと高く、加齢臭を発する人のそばにいるのはご遠慮したい感じです。

臭いの発生個所は体幹部や背中で、臭いの原因は皮脂中のバルミトレイン酸の酸化により発生するノネナール。

ノネナールという言葉は聞き覚えがありませんか?
加齢臭といえばノネナール。
おじさんの不快な臭いの代名詞として定着して10年以上が経ちますかね?

それでは、20代でもなく50代でもない、
その狭間の30代・40代はどうなんだといえば…

実は20代の汗臭さを引きずりつつ、早い人では加齢臭の兆候が見られる30代・40代。
しかし、この年代はそれだけでなく、後頭部と首の辺りから汗臭さとも加齢臭とも違う不快な臭いを発しているのをご存知でしたか?

その臭いは使い古した油のような臭いとでもいいましょうか、あるいはツーンとくる生ゴミのような臭いとでもいいましょうか、臭いのタイプとしては一種独特で、形容のしようがない不快指数の高い悪臭です。

原因成分は、後頭部や首筋のエクリン汗の代謝・分解により発生するジアセチル。
口臭の原因成分や、足の臭いの原因成分よりはるかに臭くてニオいやすい物質です。

なんと職場や家庭でほとんどの女性が不快に感じているこの臭い、最近はミドル脂臭なんて呼ばれています。

つまり、20代と50代の狭間である「30代・40代」は、20代の汗臭さと、50代の加齢臭、そしてミドル脂臭という臭いの三重苦を背負っている訳なんです。

アラフォーの臭いの悩みは尽きません…。

ミドル脂臭の五つのポイント

ここではミドル脂臭のネガティブな要素を五つ挙げておきましょう。

1. 自分では気づきにくい

ミドル脂臭を発する箇所は主に後頭部から首筋。
つまり後ろ側なので、自分の鼻では直接かげません。
「何か臭うな…」と思ってもそれが自分だとはあまり思わないものです。
また自分が前進すれば臭いは後ろに流れますので動いてるときには特に感じにくいものです。

2. 働き盛りの35~45歳が臭いのピーク

ミドル脂臭のピークは35~45歳といわれています。
正に働き盛りの年代に照準を絞ったかのごとくピークを迎えるやっかいな臭いです。
尚、50代に向けてミドル脂臭は徐々に減衰していきます。
(今度は加齢臭が待ち受けているんですがね…)

3. 実は加齢臭よりも深刻だったりする…

ミドル脂臭の原因は先述の通りジアセチル。
加齢臭の原因はノネナール。
どちらも不可な臭いである点は共通していますが、実はジアセチルはノネナールより100倍も空気中を拡散しやすいのです。
ということは加齢臭よりミドル脂臭の方が辺りに臭いをまき散らしている可能性が高く、これは加齢臭より深刻かもしれません。

スポンサードリンク

4. ミドル脂臭は強烈な悪臭

ミドル脂臭はあの足の臭いよりも強烈な悪臭です。
足の臭いといえば、靴を脱いだ時に「うっ…」とくるあの臭いですが、あれより臭いというのは相当な悪臭です。
足は窮屈な靴の中でかいた汗で雑菌が繁殖した臭いで、靴を履いた状態ではそうそう臭ったりしませんが、ミドル脂臭は先述の通り後頭部から首筋という、特に覆われていない箇所から発する臭い。
蓋も何もされていない状態で空気中に悪臭をふりまいているのは、知らないとはいえ問題です。

5. 女性が不快に感じる。ということは…?

女性はミドル脂臭と知ってても知らなくてもその臭いをとても不快なものと感じています。
清潔にしていても、臭かったら好かれないのは自明の理。
悲しいかな、それが35~45歳特有のミドル脂臭だとしても、「腐ったような」「生ごみのような」と手厳しい表現をされます。
それは職場でも家庭でも決して良いこととは言えませんね。
円滑な人間関係に支障を来しかねません。

ミドル脂臭の対策

ミドル脂臭を抑えるには、大別して「外的要素」と「内的要素」があります。

まずは外的要素。

外的要素としては以下の四点が挙げられます。

1. 殺菌
臭いの元となる雑菌を退治して臭いの元を絶つ

2. 洗浄
臭いの元となる汗や皮脂、雑菌などを洗い流す

3. 制汗
臭いの元となる汗の発生を抑える

4. 消臭
汗臭・ミドル脂臭・加齢臭などの体臭を消臭する

1と2は、要は「よく洗う」ということなので日頃から心掛ければよいでしょう。
3と4は、ドラッグストア等で制汗剤や消臭スプレー、サプリメントを購入すればよいでしょう。

ところで、1と2の「よく洗う」ということに関して補足しておきますが、ミドル脂臭対策で特に念入りに洗う箇所というのは、頭(洗髪)と首の後ろ。
そこを丁寧に洗うことが肝要です。

頭皮は皮脂が頑固で落ちにくいので必ず二度洗い。
更にできればデオドラントケアできるシャンプーを選ぶ。
特に頭頂部から後頭部を念入りに洗う。
この時に決して爪は立てず、指の腹でマッサージするように丁寧に洗う。
そして、最後に丁寧によーくすすぐ。

首に関しては襟足から首筋を丁寧に洗う。
シャンプーと同様に、できればデオドラントケアできるボディシャンプーを使用する。
ボディシャンプーはナイロンのタオル等を使ってしっかり泡立てる。
そして最後は泡が残らないように丁寧によーく洗い流す。

これらのケアを毎日すれば外的要素としては及第点です。

次に内的要素。

これは生活習慣によるところがほとんどです。

1. タバコ
タバコの本数を減らすか思い切って禁煙する

2. アルコール
お酒の付き合いや飲む量を極力減らす(か、やめる)

3. 食生活
バランスのとれた食生活を心掛ける
特に肉食に偏った食生活は改める

4. 適度な運動
ウォーキングやジョギングをやってみる
無理ならラジオ体操程度でも毎日やる

まぁ、この辺の話になると、ミドル脂臭云々に限った話ではなく、生活習慣病を防ぐ意味でも模範的な内容になりますが、模範的な分、当然のようにミドル脂臭対策にも十分な効果を発揮します。
日頃の、また将来の健康のためにも大変良い内容なので実践するに越したことはありません。

先に記した外的要素と併せて心掛ければ「ミドル脂臭」は改善の兆しを見せるでしょう。

まとめ

アラフォーの全ての人がミドル脂臭を発しているわけではありません。
体質もあるでしょうし、生活習慣によるところも大きいです。

特に肉が好きで太り気味、運動はあまりせず汗をかきやすい。
食事の時間は不規則で内容も偏りがち、仕事は忙しく、ストレスもたまる。

こういう人は人一倍「要注意」です。

加齢臭もそうですが、一昔前は、日本の男性はこんなに臭くなかったように思います。
近年の生活様式や食生活の欧米化、更に地球温暖化により暑くて汗をかきやすいというのも背景にあるのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑