ショートブーツで美脚に見せよう!選び方&コーデのポイント

公開日: 

ショートブーツ

ショートブーツを履いたコーデ、女の子らしくてとってもかわいいですよね♪

でも…
わたしが履くと、こんなにスマートに、キュートに履きこなせない(><) と思ってる女性も多いのでは? そう、ショートブーツは、選び方を間違えてしまうと、足が太く、短く見えてしまうことがあります。 しかし上手に選べば、ショートブーツを、誰でもかわいく、すっきりと履きこなすことができるんですよ! 今回は、ショートブーツの上手な選び方と、コーデのポイントについてご紹介します♪

スポンサードリンク

これで失敗しない!美脚に見えるショートブーツの選び方

ショートブーツは、足の見える部分が多く、場合によっては、足の太さを強調してしまったり、ドテッとした印象を与えてしまったりすることがあります。

しかし上手に選ぶと、足を細く、長く見せ、美脚効果が期待できます♪

選ぶときのポイントは…

・履き口に余裕のあるもの

履き口がピッタリのものより、少し余裕があるほうが、足との間に隙間が見え、足を華奢に見せることができます。

・ボリュームのあるデザインのもの

これも足との差をつけ、足を華奢に見せる効果があります。
履き口に、ファーやフリンジなどの、ボリュームのある飾りがついていると、そこから伸びる足が細く見えます。
また、少々足に自信がなくても、目線を飾りにそらすことができます。

・ヒールのあるもの

ヒールが7~8cmあるショートブーツを履くと、足の甲までキレイなラインができ、足が長く見えます。

パンプスやサンダルと比べ、ブーツは足がすっぽり覆われているため、思ったより歩きやすいと思います。

しかし、歩く時に膝が曲がってしまうと逆効果です。
キレイな歩き方を練習してスマートに歩けると、美脚効果バツグンですね!

・色は、迷ったら黒!

やはり黒は、引き締まった印象を与えてくれます。
ショートブーツ初心者という方は、まずは黒を選ぶと、スマートなコーデにしやすくなります。

これについては、次の部分でも解説していきます。

ショートブーツのおすすめ美脚コーデ

ショートブーツと、どんなお洋服を合わせたらいいのでしょうか?
ここでは、美脚に見えるおすすめコーデをご紹介します。

スポンサードリンク

・パンツスタイルならスキニー

スキニーに、トップスは少しボリュームのあるニットや、ストールを合わせると、目線が上に上がるので、すっきりと、脚長に見えます。

・タイツはブーツと同系色で

特に黒のショートブーツに黒や濃い色のタイツを合わせると、靴と足が一体化して、足が細く、美脚に見せることができます。

・膝上丈のスカートとショートブーツ

かわいい女の子の定番コーデ。
ロングブーツより、ショートブーツを合わせるほうが、だんぜんキュートに見えます♪

足に自信がないという方は、ブーツと同系色のタイツを合わせると足がきれいに見えます。
柄タイツなら、縦ラインや、小さい柄のものを選んでください。

トップスをボトムスにインしたり、ベルトを使うことで、重心が上にいき、スタイルがよく見えます。

スタイルをよく見せるポイントは、
目線を上にもっていくこと、
ブーツとタイツやパンツを同系色にすることです。

これをおさえて、自分に合ったかわいいコーデを色々考えてみるのも楽しいですね♪

歩きやすいブーツの選び方のポイント

どんなにかわいくても、スタイルがよく見えても、靴はやっぱり歩きやすくないと、履きたくなりませんよね。

歩きやすいブーツはどうやって選べばいいでしょうか?

ブーツは普段の靴より、1~1.5cm大きめのものを選びます。
ブーツは足首までしっかり覆われているので、少しぐらい大きめでも、パカパカしません。

靴下や中敷きで微調整をして、ブーツの中で足がすべらないようにしてください。
中敷きは、つちふまずの部分が盛り上がっているものが、足がしっかりサポートされ、疲れにくいようです。

ヒールは、太いもののほうが、安定感があり疲れにくくなります。
ヒールの先がかまぼこ型になっていると、より安定感が増します。

また、一番むくみやすい時間帯にブーツを選ぶと、買った時はちょうど良かったのに… という失敗を避けられます。

多くの人は夕方にかけてむくんできますが、中には朝がむくみやすいという人もいます。
自分の足が一番むくんでいる時間帯を知って、その時間帯にブーツを選ぶようにしましょう。

まとめ

今まで自信がなくてショートブーツを躊躇してた方も、選び方さえ分かれば、ショートブーツでおしゃれを楽しめますね!

ショートブーツはパンツにもスカートにも合わせられ、大活躍します。
また、季節の変わり目の服装選びがむずかしい時期でも、おしゃれスタイルを決めやすくなります。

ぜひ今年は挑戦してみてください♪

ブーツを履き始める時期や、お手入れの仕方などは、こちらも参考にして下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑