早起きは体と心にメリットいっぱい!スッキリ早起きする方法とは

公開日: 

早起き

休み明けの朝、起きるのつらいですよね。
まだ眠いのに、今日からまた学校や仕事か… と思うと、布団から起き上がるのは、本当に憂うつです。。

自分は「夜型」だからしょうがないって諦めていませんか?

実は、ちょっとしたこと実践するだけで、誰でもスッキリ早起きの習慣をつけることができます。

ではまず、そもそも早起きをするとどんないいことがあるのでしょうか?
これを知るだけでも、早起きが少し楽しみになるかもしれません。

もちろんそのほか、早起きのための具体的な方法もご紹介します!

スポンサードリンク

早起きのメリットとは? ~体の働き~

昔から「早起きは三文の徳」と言うように、早起きにはたくさんのメリットがあります。

科学的な観点からは、早起きにより、体にこんないい働きを期待できます。

・セロトニン効果

セロトニンとは、あまり聞きなれないと思いますが、心の安定や、感情のコントロールと関係のある「神経伝達物質」です。
これは、太陽の光を浴びることによって分泌されます。

朝の良質な日の光を浴びることによって、セロトニンの分泌が促進され、心が安定し、落ち着いて一日を過ごすことができます。

ちなみにこのセロトニンは、「トリプトファン」という物質を取り入れることにより、効率的に作り出すことができます。

「トリプトファン」は、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類、豆腐や味噌などの大豆製品、他にもバナナや卵、チーズ、カツオ、マグロなどに豊富に含まれています。

・朝は集中力、思考力が高く、作業がはかどる

朝は、交感神経が活発に働き始めます。
それにより、集中力や思考力が高まり、同じ時間内でも、より多くのことを終わらせることができるようになります。

夜の方が頭が冴えると感じている人もいますよね。
でも、夜間に長い時間かけて勉強した内容が、意外に次の日、あまり頭に入っていない、ということってありませんか?

夜は通常、副交感神経が優位になり、体も脳も休息の準備に入ってしまいます。
そのため、集中力や思考力があまり働かなくなってしまうんです。

朝の方が集中力や思考力が高まるのには、こういうちゃんとした理由があるんです。

・夜の寝つきが良くなり、良質な睡眠をとれると朝が楽になる

朝早く起きれば、自然に夜も早く眠くなります。
気持ちよく眠れば、次の日の朝の目覚めも良くなり、良いサイクルが生まれます。

早起きのメリットとは? ~心への影響~

早起きは、体への良い働きだけではありません。
実践してみた人だけがわかる、心への良い影響もあります。

例えば…

スポンサードリンク

・朝すべきことを終わらせると、充実感・達成感をもって生活できる

朝のうちにすべきことを終わらせれば、その日一日、
今日中にあれを終わらせなければ… と気にしながら過ごさなくてすむようになります。
充実感・達成感は、さらに次の作業の効率も高めてくれます。

・時間の余裕から、心の余裕も生まれる

時間に追われるのではなく、時間を見ながら自分で行動を決めるようにできると、驚くほど心に余裕が生まれます。
そして、心の余裕は、自信や意欲につながります。

早起きで一日がそんなに変わるの?
思い込みじゃない?

と感じた人もいるかもしれませんが、ぜひ早起きを試して、心の変化を実感していただきたいものです!

スッキリ早起きする方法

では、どうすれば早起きできるのでしょうか?
いくつかのコツをご紹介したいと思います。

・スッキリ起きられる自分の睡眠時間を見つける

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあると思います。
その周期が90分間隔でくるため、90分の倍数の時間で起きると目覚めがよくなる、とよく言われます。

しかし、この周期は人により様々で、80分の人もいれば、100分、110分の人もいるようです。

そのため、自分がスッキリ起きられる睡眠時間を見つけ、いつもその時間の睡眠をとるようにします。
そうすると、早起きでも、パッと気持ちよく目を覚ますことができます。

・朝日を浴びる

朝日を浴びることにより、人の体は自然と朝を認識します。
それにより、体が活動準備に入り、スッキリと目覚めることができるのです。

特に遮光カーテンを閉めたままでは、いつまでたっても日光が部屋に入らず、朝を認識しにくくなってしまいます。

できれば、厚手のカーテンは開けて寝て、朝日が部屋に入るようにしてください。

・起きてストレッチをする

ストレッチにより血行が良くなります。
そうすると、脳へも血液がよく巡り、活動を始めやすくなります。

目が覚めたら、まず布団の中で深呼吸しながら手足をのばして、伸びをしてください。
そして、寝転がったままでかまわないので、足や手を上げたり、体をねじったりしてしてみてください。
徐々に体が目覚めるのを感じると思います。

・朝の楽しみをつくる

早起きして趣味の時間に充てたり、毎朝おいしいコーヒーを飲みながら勉強したり、自分の楽しみをつくってください。

朝の、静かで落ち着いた空気がただよう時間を、自分だけのとっておきのひと時にしてみましょう。

まとめ

早起きを習慣にできれば、きっと今よりさらに充実した、心に余裕のある生活を送れるようになるでしょう。

わたしたちの体には、もともと備わっている健康的なサイクルががあります。
初めは少し辛いと感じても、習慣さえできれば、すぐにそのサイクルはつかめます。

ぜひ早起きを実践して、たくさんのメリットを味わってください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑