足の小指をぶつけるとなぜあんなに痛い!?骨折時の応急処置は?

公開日: 

足の小指をぶつける

何かの拍子に足の小指をぶつけた!

そんな経験のある人も多いと思いますが、あれってハンパなく痛いですよね(泣)
ちょっとぶつけただけなのに、とんでもなく痛くてしばらく動けなくなるなんてこともしばしば。
なんであんなに痛いんでしょう?

また、小指をぶつけた後、患部を見ると何だか腫れてる気も…。
打撲?それとも骨折!?

打撲と骨折の見分け方、また、応急処置はどうすればいいの?などなど、
足の小指をぶつけたときの対処法などについてまとめました。

スポンサードリンク

足の小指をぶつけるとどうしてあんなに痛い?

何かの拍子に足の小指をぶつけてちゃって、痛くてしばらく動けない… そんな経験ありませんか?
ちょっとぶつけただけなのに、あの激しい痛みはどこからくるのでしょう?

その理由は以下が考えられます。

・油断してる
気を抜いている時に不意に受けた衝撃はとてつもなく痛いものです。
今からぶつかって痛い思いをすると予め分かっていれば、ぶつけてもそれほど痛みを感じませんが、油断している時にぶつけるとかなりの痛みが生じます。

・末端神経
身体には血管や神経が四方八方に広がっていますが、その血管や神経も末端に行けば行くほど細かくなります。
そんな先端の細かい神経の部分をぶつけることで、とてつもない痛みを感じます。

・圧力
小指は他の指と比べても小さく、そんな小さな部分に大きな負荷がかかることでとてつもない痛みが生じます。

などなど、文章にするとこんな感じですが、あの痛みはこんな表現では言い表せないほど激しいものです。
しかし、よくよく考えてみると、どうして他の指じゃなく小指だけぶつけてしまうのでしょう?

その答えは…
脳が足の小指の位置を正しく認識していないからなんですって。

「しっかりしろ!自分の脳みそ!!」

と言ってやりたいですね。(笑)

ぶつけた小指は打撲?それとも骨折?

足の小指をぶつけた後、いつもなら痛みが引くのに引かない…。
ぶつけたところを見てみると、何だか腫れてるような気もするけど、単なる打撲なのか?それとも骨折!?

打撲か骨折かは、痛みや内出血、腫れの具合などで判断します。

【 骨折 】
・痛み
足を地面につけることができないほどの痛みがあります。
・内出血
紫色に内出血します。
・腫れ
短時間で腫れあがります。

スポンサードリンク

【 打撲 】
・痛み
時間が経てば痛みは次第に治まります。
・内出血
打ち方によっては多少内出血する場合もありますが症状は軽いです。
・腫れ
打撲でも腫れが生じる場合がありますが比較的短期間で引きます。

以上のことから分かるように、打撲と骨折では天と地ほど差があります。
ぶつけた後の小指が普段と違う方向に向いているようなら完全に骨折しているだろうし、指先は動くものの冷やしても内出血や腫れが引かない場合はヒビが入っている可能性があります。
足の小指をぶつけた後、こういった痛みや内出血・腫れが続くようなら、骨折も疑われるので病院で診てもらうようにしましょう。

小指をぶつけた際の応急処置法は?

以上のようなことから、ひょっとすると骨折かも?と思っても、それが夜間や休日だったら病院にはいけません。
たかが足の小指と思うから軽く考えがちですが、これが手の指だったら誰でももっと深刻に考えるし、早くお医者さんに行きたいと思うはず。
でも、この程度で救急車は呼びにくいから、明日になったら病院に行こう、月曜日になったら病院に行こう、って考えますよね。
でも、怪我は初期の対処が大切。
ということで、応急処置の方法を覚えておきましょう。
方法は以下の通り。

・患部を冷やす
・足を高く上げる
・テーピングして固定

まずは患部を冷やします。
専用のジェル状の熱さましのようなものがあれば一番ですが、なければさしあたり氷でもいいので冷やします。
氷なら1時間程度は冷やしたいものです。熱さまシートのようなものがあればしばらく貼っておきます。

また、足がむくむと痛みが増すので、患部を高く上げることで足がむくむのを防ぎましょう。
寝るときも、布団などを足の下に置いて、足を少し上げて寝るようにします。

それから、テーピング。
専用のものがあればベストですが、なければマスキングテープや、最悪セロテープでもガムテープでもいいので、家庭にあるスポンジなどを患部に当て、隣の薬指と一緒に固定してから包帯を使って患部の指が動かないように固定します。
さしあたり、病院に行くまで小指をなるべく動かさないようにすることが大切。

骨折を放置しておいても骨は自然と修復されますが、ふとしたはずみに痛みが生じるようになったりするので、骨折が疑われるときはきちんと病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

恐らく誰もが経験のある足の小指をぶつけた時の痛みですが、脳がきちんと小指の位置を認識していないことが原因だなんて笑えるというか、がっかりというか。

そういえばたしかに、なんでぶつけたんだろう?って思うことが多いけど、脳が位置を正しく把握していないんじゃ距離感もなくてぶつけちゃうんでしょうね(笑)

とにかく油断している時に小指をぶつけると本当に痛いので、裸足の時なんかは特に小指をぶつけないように十分気をつけましょうね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑