あせもが猛暑で急増中!?あせもの予防と対策&治療と薬選び

公開日: 

あせも対策

ここ数年、地球温暖化のせいか、夏は毎年のように猛暑ですよね。
大量に汗をかく日が続くといつの間にかあせもができたりしませんか?

あせもなんて子供がなるもんだと思っていたのですが、管理人もここ数年、夏になるとあせもに悩まされます。
あの痒さはちょっと耐え難いのと、私の場合、手の届かない背中にできるものだから、本当にまいってしまいます。

ここでは大人のあせも対策と治し方や薬の選び方を解説します。

スポンサードリンク

あせもの原因とできやすい部位

日本の夏は、もともと高温多湿です。
そのうえここ数年は猛暑続きで、部屋の中でじっとしていてもジワジワと汗をかきます。
エアコンなしではとてもやってられません。
ましてや買い物や通勤などで表に行けば、強い日差しも相まって、数分歩くだけで汗だくになります。

以前は、公共の建物やデパートなどの商業施設に入れば、よく冷房が効いていて、スーッと汗が引いていく感じが心地良かったものですが、最近はエコが主流のせいか、冷房の設定温度が以前より高めで、建物に入ったときのあの涼しい心地良さも以前に比べて薄れたような気がしますよね。

汗をかくのは体温調節なのでいいことなのですが、汗をかきっぱなしの状況が続くと「あせも」になります。
以前は、高温の環境下で長時間肉体労働に従事する人に多かった「あせも」ですが、最近は猛暑やエコ(節電)の影響もあってか、職業・職場に関係なく「あせも」に悩む人が増えています。

人が汗をかくのは体が体温調節しているからです。
高音下で体温が上昇するのを、汗をかくことで調整しているんですね。
つまり発汗自体は体を守る欠くことのできない重要な働きなんですが、汗をかきっぱなしにすると、汗管が詰まって汗が排出されないまま表皮内にとどまり、やがて炎症を起こします。
これが「あせも」の正体です。

あせもは衣服や肌が密着するところに特にできやすく、できてからも絶えず密着しやすいため治りにくいものです。

男性ならワイシャツの襟が絶えず密着している首回りとかベルトで絞めつけられるお腹回り、女性ならブラジャーが密着している胸回りや背中。
他にも男女問わずヒジやヒザの内側、足のつけ根の腿の内側など。
また、寝ている間にも汗をかくことから、寝具と密着しやすい肩甲骨から背中にかけてもあせもができやすい部位といえます。

あせもの予防と対策

あせもが出来ても、それを重要視・問題視する人はあまりいません。
そもそも皮膚の疾患と捉える人はあまり多くはないでしょう。
「夏の間だけ我慢すればいいや」程度に軽く捉える人が少なくありません。

しかし、あせもはかなりの痒みを伴いますので、かき壊してしまって、患部が細菌感染により化膿を引き起こし重傷化するケースもみられます。
また、大人は子供より傷痕が残りやすいため、かき壊して重症化すると色素沈着などの痕が残る可能性もあります。
たかが「あせも」ごときで、色素沈着やかき壊した痕が残るなんて許せませんよね?
特に女性にとっては大問題です。

スポンサードリンク

だから、たかが「あせも」と侮らず、まずは「あせも」対策をして、それでも出来てしまった「あせも」は症状が軽いうちにしっかりと治すことが肝要です。

あせもが出来ないようにするには、まずは肌を清潔に保つことが基本です。

汗をかいたらシャワーで洗い流す。
これが最善ですが、忙しい日常、ましてや働いている日中に小まめにシャワーを浴びるなんてできません。

東南アジアの人たちは日に何度も沐浴する習慣があるそうですが、日本人にはとても無理(笑)
汗をかくたびに一日何度もシャワーを浴びられるわけがありません。

そこで、最低限できることをやります。

・汗をかいたらタオルなどでこまめに拭く
・その際にできれば乾いたタオルより濡らして固く絞ったものがよい
・外出時には、顔や体専用のウェットティッシュを携帯して汗を拭く
・大量の汗をかくことが予想されるときは、予め着替えを持っていく
・帰宅したら、早めにシャワーで汗を洗い流す
・下着は吸汗速乾性能があるものなど、サラッとしている素材を選ぶ

このようにしてあせもを予防します。
ちなみに、帰宅後のシャワーですが、熱いお湯は痒さを助長します。
したがって、ぬるめのお湯がいいでしょう。
これは湯船につかる時も同様です。
夏でも熱いお風呂は気持ちよかったりしますが、あせもができているときは温度はぬるめにしてください。

あせもの治療と薬選び

あせもは、かき壊してよほど重症化しない限り、市販のお薬で十分に効果が得られます。
とは言え、治療の開始は早いに越したことはなく、痒くてもかき壊しには十分に注意してください。

あせもはとにかくかなりの痒みを伴います。
その痒み抑える成分としては、鎮痒成分、抗ヒスタミン成分、局所麻酔成分などがあります。
これらは痒みを抑えてはくれるのですが、かゆみの原因である「炎症」を抑える効果はあまり期待できません。

そこで、ステロイド外用剤です。
ステロイド外用剤は強い抗炎症作用を有しているので、痒みの元の炎症を迅速に鎮めることが可能です。
炎症という元を断つので、自ずと痒みも退いていきます。

すでに痒さで患部をかき壊している場合は、抗生物質の配合されたステロイド外用剤が悪化を防いでくれます。
薬局で相談すれば、一般のステロイド外用剤だけでなく、化膿した患部にも使える抗生物質配合のステロイド外用剤を購入できます。
少しでも早くきれいに治したいならこれに限ります。
薬局で薬を買う際に覚えておいて損はありません。

まとめ

たかが「あせも」されど「あせも」、「あせも」も侮るとけっこうひどい目に遭います。

何といってもあの痒さ。
ジワジワと執拗な痒みはちょっと我慢できません。
さりとて、かき過ぎると今度はそこが傷になって痛痒い状態になるし、ひどいと細菌感染で化膿するんですから目も当てられませんよね。

夏の暑さは、早いと梅雨の最中から9月いっぱい続きます。
ただでさえ暑いとイライラするのに、それに痒さが加わると「もうどうにでもして」状態で泣けてきます。

出来る対策は十分にして、それでもあせもができてしまったら、早めの治療を心掛けましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑