10月1日は〇〇の日?メガネ・香水・コーヒーの日…記念日多すぎ!

公開日: 

○○の日

10月1日は、「○○の日」という記念日が非常に多いのをご存知でしょうか。

カレンダーに書かれている国民の祝祭日以外にも、世の中では様々な業界が、それぞれ独自の「○○の日」を設定しています。

スポンサードリンク

どうして「○○の日」という記念日があるの?

そもそも、どうして「○○の日」という記念日が業界ごとにあるのでしょうか。

例えば、比較的メジャーなところでは、「毎月11日はスタバの日」というのがあります。

「スタバの日」は、スタバファンにとっては広く知られた記念日で、スタバの各店舗で試食などの無料イベントが行われます。

こういう記念日が設定してあると、ユーザー側にとっては、「あ、そういえばそんな記念日があったんだっけ」と、その業界に関する記憶や親近感をさらに深めることができる、という効果があり、業者側も販売促進やPR活動の指針になります。

今回ご紹介する「10月1日」は、そうした各種業界の記念日が特にめじろ押しの日で、なんと、ざっと数えただけでも10個以上、「10月1日は○○の日」というのがあるんです!

今回は、その中でも比較的メジャーで、私たちの日常生活にも関連があると思われる、4つの記念日についてご紹介していきます。

1:「メガネの日」

10月1日は、「メガネの日」と制定されています。

「え、メガネにも記念日があったの?」と、ちょっと意外な感じですよね。

「メガネの日」は、メガネの普及と、メガネに関する知識を広く国民に伝えることを目的として、1997年に制定されました。

これは、メガネの製造・販売に関わる業者たちで構成される、「日本眼鏡関連団体協議会」という団体が制定したものです。

なぜ10月1日が「メガネの日」なの?

ちなみに、なぜ10月1日がメガネの日になったんだと思いますか?

これは、月と日付を「4桁の数字」で書いてみると、わかります。

10月1日は、4桁にすると「1001」になりますよね。

両はしの「1」が、耳にかけるメガネの柄の部分、
真ん中の「ゼロゼロ」が、メガネのレンズ部分、というわけです。

「1001(10月1日)は、メガネの日」… メガネをかけている人にとっては、とても覚えやすいですよね!

2:香水の日

また、10月1日は、「香水の日」でもあります。

これは、日本フレグランス協会が、「秋はファッションの季節」をコンセプトに、ファッション業界・香水業界が、香水類の普及を目的として制定したものです。

このため、例年10月1日頃から、香水業界では、イベントやPR活動などが行なわれています。

なお、「フレグランス」とは、「良い香り」のような意味で、お香や芳香剤なども「フレグランス」に含まれます。

スポンサードリンク

3:法の日

今回ご紹介している記念日の中でも、特に歴史が古いのが「法の日」です。

歴史は昭和3年にまで遡り、はじめは「司法記念日」として制定されました。

その後、「この日は、国を挙げて、法を尊重する日にしよう」との理念を掲げ、昭和35年に、正式に「法の日」として制定されました。

10月1日からの1週間は、「法の日週間」として、法の大切さや法律知識の普及などに関する催しが役所などで行なわれています。

コーヒーの日

また、「コーヒーの日」という記念日もあります。

これは、全日本コーヒー協会が、コーヒーの普及を目的として、1983年に制定したものです。

なぜ10月1日が「コーヒーの日」なの?

どうして10月1日が、コーヒーの日に制定されているのでしょうか。

コーヒーは、毎年10月ごろに新しい豆が収穫されます。そのため、コーヒー栽培の業界では、毎年10月を新年度の最初の月として数える慣例になっているんです。

そのため、コーヒーが一番おいしい時期も、10月から冬にかけての新豆の収穫の時期、そして、コーヒーの需要が高まり始めるのも、毎年寒さが本格的になる10月頃からなんです。

こだわりの「とれたての豆」を使用しているコーヒー店に行く機会があるときは、是非、10月の新しい豆のコーヒーを味わってみましょう。

「コーヒーの日」は世界共通!

なお、今回ご紹介している「メガネの日」や「香水の日」というのは、あくまでも日本国内だけで制定されているものです。

でも、このコーヒーの日に関しては、なんとその後、国際コーヒー機関(ICO)でも、正式に10月1日をコーヒーの日として制定しています。

これはつまり、日本が独自に制定した記念日が、なんと「世界で採用された」ということで、その意味では「コーヒー記念日」そのものが、日本にとっての記念すべき快挙なんです!

このため、毎年10月1日には、各地でコーヒーに関する催しが行なわれ、都心部ではタレントを呼んで大規模なイベントも行なわれています。

コーヒー好きの方は、ぜひ、「コーヒーの日記念イベント」に参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。今回は、10月1日の「○○の日」についてご紹介してきました。

近年は、様々な業界で独自の記念日を制定していることが多く、その中でも「10月1日」は、「○○の日」という記念日が特に多い日なんです。

今回ご紹介した、

●メガネの日
●香水の日
●法の日
●コーヒーの日

これらは、私たちの日々の生活でも、比較的関わりのあるものです。

でも10月1日は、これ以外にも、「福祉用具の日」「浄化槽の日」「印章の日」などがあり、「えっ、それは何の記念日なの?」と、一瞬考えてしまうような記念日も多数あります。

こうした記念日を覚えておくと、意外なところで意外なイベントに出会うかもしれませんよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑