娘の失恋の痛手と家庭内共依存の関係。失恋を癒す共依存からの脱却

公開日: 

娘の失恋の痛手と家庭内共依存の関係

「娘がちっともご飯を食べてくれない…」
「ひょっとして、失恋の痛手が原因じゃないかしら…」

と、悩んでいませんか。

「娘の失恋」というのは、母親にとってはつらいものです。まるで我が事のように心配になってしまいますよね。

でも、失恋の痛手が悪化して、あなたの娘が拒食症などになってしまうと、娘の健康面だけでなく、あなたの家庭生活にも悪影響を及ぼすことにつながります。

そこで今回は、あなたの娘が失恋の痛手から立ち直れない本当の原因と、それに対して母親が行なうべき「たった1つの対処法」についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

原因は「依存」にあった

あなたの娘が、失恋の痛手から立ち直れない本当の原因は、家庭内に「依存関係」があるためです。

そのため、あなたがまず、「依存」の克服に取り組むことが、結果的に娘を失恋の痛手から救うことにつながります。

「娘の失恋と家庭の依存とどういう関係があるの?」って思いますよね。

それをこれからお話ししていきます。

「依存」とは、一言で言えば…

「相手がいなければ、生きていけない」
「相手から、離れられない」
「相手がいることで、バランスを保つことができる」

…という状態を指します。

家庭内で依存状態が日常化している

例えば、次のようなケースです。

あなたの夫が非常に粗暴な性格で、あなたに対していつも暴力を振るっていたとします。

しかしあなたは、いくら暴力を振るわれても、翌日また何事も無かったのように夫に接し、そしてまた暴力を振るわれる…

これが、「依存関係」です。

妻が夫に「依存」をしているために、たとえ連日のように暴力を振るわれ、たとえ「これではいけない」と思ったとしても、その状態から抜け出せないんです。

「共依存」とは?

上記のケースは、一見すると父親が一方的に加害者で、母親は被害者であるかのような印象ですが、「依存」という観点から見るとそうではありません。

この場合、父親も自分の欲求不満や現状への不満を満足させる唯一の相手として、「母親への暴力」という形で母親に「依存」しています。

そして母親は、たとえ暴力を振るわれてもこの状態から抜け出すことができず、やはり父親に「依存」し続けています。

これを、お互いが依存するという意味で、「共依存」と言います。

つまり夫婦が、「共依存」の状態に陥ってしまっているんです。

以上は、あくまでも「例えば」の話ですが、こうした共依存の状態に陥っている夫婦は世の中にを数多くいます。

家庭内での「依存関係」を見直す

そのため、娘が失恋の痛手で落ち込んでいる時、母親としてまず初めにしなければならないことは…

「家庭内で依存関係がなかったかどうか」を見直してみることです。

これが、唯一かつ最も重要なポイントです。

ネット上には、「拒食症への対策」「失恋を癒す方法」…など、様々な情報があふれていますよね。でも、こうした小手先の対処方法は、あくまでも「枝葉」に過ぎません。

スポンサードリンク

それよりも、まず一番にあなたが見直さなければならないのは「家庭内の依存関係」なんです。

親の共依存は子供に継承される

今回のテーマである「依存」について、あなたが知っておかなればならないのは…「依存は、親から子へと継承されていく」ということです。

つまり、あなたが夫に依存していたのと同じように、あなたの娘も恋人に「依存」しようとします。

そのため娘は、「失恋」という些細(本人にしてみれば重大?)な現象によって…

まるで、この世が終わってしまうかのような、一大事として深刻に受け止めてしまい、娘の心にショックが植え付けられ、拒食症などの症状として現れてしまう…ってことです。

これは、娘が恋人に「依存」してしまっているからなんです。

娘の失恋の痛手を癒やすたった1つの解決策

娘を失恋の痛手から救うには、娘の「依存癖」を直さなくてはなりません。

でも、そのためには、あなたがまず、母親として「依存」をやめることです。

子供が「依存癖」になるのは、確実に親の責任です。

ですので、これを機にあなた自身の「依存癖」を見つめ直し、あなたがまず他者に依存しない生き方を娘に見せること…

これが、遠回りに見えて、実は最も確実な解決方法なんです。

あなたの依存癖が克服されれば…、娘も次第に恋人への依存心が弱まりますから、失恋の痛手からも自然に癒やされていくようになります。

依存癖を克服するには?

では、ここが最も重要なところです。

あなたの依存癖は、どのようにすれば克服できるのでしょうか。それは…

「依存の相手から距離を置き、何か1つのことに徹底的に打ち込むこと」です。

これが、依存から抜け出すための「たった1つの対処法」です。

ですので、あなたはまず夫や子供など、あなたが依存している相手からいったん距離を置いてみましょう。

そして、ほかのものが何も目に入らなくなるくらい、あなたの趣味や仕事などにひたすら打ち込んでみましょう。

これによって、あなたの「依存癖」はみるみるうちに解消されていきます。

そして、あなたが依存相手から離れ、1つのことに打ち込んで依存を断ち切ることができれば、娘も必ずそれができるようなります。

逆に言えば、あなたが夫や子に「依存」している状態で、娘に「恋人に依存していてはダメよ」と教えても、それは何の説得力もない…ってことなんです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「娘が失恋の痛手から立ち直れない」という悩みについて、その根本原因と対処法についてご紹介してきました。

まとめると、あなたの娘が失恋の痛手から立ち直れない根本の原因は、あなたの家庭の中に「依存関係」があるためです。

幼い頃から親の「依存癖」を見て育った娘は、「他者に依存すること」を無意識のうちに身に付けてしまう

娘も恋人に依存する

依存していた相手からふられたショックから立ち直れず、拒食症や引きこもりなどの症状として現れる

…ということなんです。

ですので、まずはあなた自身が依存相手から離れ、「依存癖」を克服しなければなりません。

一見遠回りなように見えますが、これが娘を失恋の痛手から癒やすための最も確実な対処法なんです。ぜひ、参考になさってみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑