彼氏がおごってくれない…女性に割り勘を求める男の心理と対処法

公開日: 

彼氏がおごってくれない

「昔はおごってくれていたのに、付き合いが長くなって割り勘になった」
「年上の彼氏からいつもおごってもらっている友人がうらやましい…」

と、悩んでいませんか。

世の中のすべての男性が「女性にはおごるべき」と考えているか? といえば、そういうわけではありません。

中には、「俺はおごらない。女性とは必ず割り勘にする」と、頑なに考えている男性もいます。

でも、こういう男性と付き合っていると、「本当は、食事をおごってくれたり、どこかへ遊びに連れて行ってくれたりしてほしいのに…」と、あなたも不満が溜まってしまいますよね。

そこで今回は、女性に割り勘を求める男性の心理と、そういう「おごらない」男性と付き合う場合の対処法についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

なぜ恋人同士で割り勘を求めるの?

なぜ、あなたの彼氏は、女性に対して割り勘を求めるのでしょうか。

これは、あえて一言で言ってしまえば、「その人の価値観」です。

例えば、あなたの彼氏が、「デートの時は必ず割り勘」と考えるタイプの人だとします。

でも、普段のデートは割り勘でも、あなたの誕生日などに、あなたがずっと欲しがっていた洋服をプレゼントしてくれる、というケースだってありますよね。

こういうとき、女性はついつい、「こんな高いお洋服なんていらないから、どこかへ遊びに連れて行って欲しいのに…」って、考えてしまいます。

でも、その男性にとっては、「どこかへ遊びに連れて行って、何も形が残らないよりも、何か形が残る服を買ったほうがいい」と考えているんです。

価値観の違いというのは、こういうことです。

価値観は人それぞれ

ですので、たとえ「女性に割り勘を求める」というタイプであっても、その男性が持っている価値観は人それぞれです。

「基本的にケチで、女性といる時もお金は一切使わない」というタイプの人もいれば、「遊びには連れて行かないけれど、プレゼントは買う」というタイプの人もいます。

一方で、「食事は全部おごって欲しい」「どこかへ連れて行って欲しい」というあなたの願望も、あなたの「価値観」です。

この場合、問題は「男性がおごらないこと」ではなく、「両者の価値観の相違」ということなります。

そのため、対処法としては…

あなたと彼氏との間でよく話し合いをして、どちらか一方が譲歩するか、あるいは、「価値観が合わない」と諦めて、もっと価値観の合う男性とお付き合いをするか、の二者択一となります。

一般的に、価値観があまりにもかけ離れすぎている恋人とは、やはりなかなかうまくいきません。

「男女平等」だと考えている?

近年は、不景気や雇用不安などの社会情勢もあって、「男性が100パーセント経済的に優位なわけではない」という状況が増えてきました。

つまり、「男性だからといって稼いでるとは限らないし、女性だからといって稼げないわけではない」という状況です。

そのため、近年では、むしろ男性の側が「男女平等にすべきだ」を強く感じているケースも増えてきています。

そのため、十分な収入を得られていない彼氏にしてみたら、「なんで俺がおごる必要があるの?」ってことです。

スポンサードリンク

ちゃんと私のことを大事にしてくれているの?

男性から割り勘を求められたとき、女性が最も感じることは、「私のことを、本当に大事にしてくれているの?」という疑問ではないでしょうか。

男性からおごられたり、プレゼントなどをもらう機会が全くない状態が続くと、女性は不安になってしまいますよね。

でも、この問題も、結局のところは「価値観の相違」に行き着きます。

つまり、たとえ女性と割り勘であっても、「俺なりに、大事にしているつもり」ということです。

男性なりにきちんと相手を大切にしている

例えば、仮に男性が「食費は出さないけれど、交通費は負担する」というタイプだとします。

この場合は、男性の心の中には、「せめて交通費の分だけでも、なんとか助けてあげたい」という思いがあります。

また、「日頃は割り勘だけど、プレゼントは奮発する」というタイプも同様です。

これも、「せめてプレゼントの時だけでも、恋人の喜ぶ顔が見たい」という思いからです。

ですので、たとえあなたの彼氏が、「全ての出費をおごる」ということができなくても、彼氏は自分の経済状況などとも都合をつけながら、彼なりに、あなたのことを大切にしようとしてくれているはずです。

「おごってくれない!」と不満を感じるのではなく、彼氏の良い面にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

「一緒に節約」という選択肢も

また、彼氏が本当に経済的に困窮しているのであれば、あなたが「一緒に節約する」という選択肢もあります。

男性であれば、誰だって、好きな相手に何かしらおごってあげたい、プレゼントしてあげたい、という思いはあります。

しかし、それができないほど、男性の側が困窮しているのなら、「一緒に力を合わせて節約していこう」と、女性の側から歩み寄るのも立派な愛の形の1つです。

もしもそれによって、2人の愛を深めることができるのなら、よっぽど素晴らしい関係だと思いませんか?

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「女性におごらない男性が増えている」という件に関し、こうした男性の心理と、その対処法についてご紹介してきました。

男性が「女性におごるかおごらないか」というのは、あくまでも価値観の違いでしかありません。

また、これには、県民性などの「地域差」が関係していることもあります。
【 東男に京女 】の記事も、参考にしてみてください。

また、近年は「男女平等にすべき」と、むしろ男性の側が考えているケースも増えてきていますから、以前までのように、「男性が当然おごるべき」とはなかなか言い切れない現状もあります。

ですので、「彼氏がおごってくれない!」という一面だけを見て、「大事にしてくれない」と決めつけるべきではありません。

重要なのは、相手の良い面に目を向けることです。

しかし、割り勘に対して、あなたの不満がどうしても消えないなら…

「この際、おごってくれない男性とのお付き合いは諦めて、おごってくれる男性を探すしか方法がない」ということになってしまいます。

でも、そのほうがよっぽど大変ではないでしょうか。

むしろ、「男性が当然おごるべき」という、世間一般の常識のほうを改めるべき時代が来ているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑