蚊に刺されるとひどく腫れる!蚊アレルギーの特徴や蚊よけ対策等

公開日:  最終更新日:2016/07/09

蚊に刺された

暖かくなるにつれて、憎~きアイツが増えて来る季節がやってきました。

・・・そう、「蚊」です!!!

ちょっと窓を開けた隙に、いつの間にか部屋に入ってきてはブンブン飛んでいますよね。
元気な奴は、すばしっこくてなかなか捕まえられず、気付かない間に刺されてしまった!なんて経験は誰しもあるはずです。
特に、蚊にさされやすい人は何ヵ所も刺されてしまい、刺された箇所が痒くて辛いですよね…。

通常、蚊に刺された後は直後に痒くなり、しだいに治まるのが一般的です。
しかし、人によっては一向に痒みが治まらなかったり、1週間以上もひどく腫れてしまうことがあるんです!

また、重症化すると発熱や蕁麻疹が出てしまうこともあり、たかが蚊に刺されたとは言えない状況になる場合があります。

このように蚊に刺されただけで身体が過敏な反応を起こす場合は、影に「蚊アレルギー」が潜んでいるかもしれません。
一般になじみの薄い「蚊アレルギー」ですが、もし心当たりのある人はアレルギーがないかどうか確認してみるとよいかもしれません。
ここでは、そんな「蚊アレルギー」について紹介していきます。

スポンサードリンク

蚊に刺されるとひどく腫れる!蚊アレルギーの特徴

蚊は血を吸う時に皮膚に針を刺して血を吸いますが、針による痛みを感じさせないために自分の唾液を入れてきます。
この唾液が麻酔の代わりとなり、人間に気付かれずに血を吸うことができるようになっています。

この唾液こそが、蚊アレルギーの原因となります。
痒みや腫れが出る人は、アレルギーによって唾液に過剰な反応が出てしまう状態なのです。

実は、蚊アレルギーの医学的な正式名称は「慢性活動性EBウイルス感染症」といって、EBウイルスの感染により、引き起こされる症状です。
何らかの原因でEBウイルスが免疫を司る細胞に感染し、蚊に刺された時に過敏に反応を起こす様になります。
蚊アレルギーの本当の原因はウイルス感染だったんですね。

スポンサードリンク

なので、生れて初めて蚊に刺される場合は、まだ身体が蚊の唾液を異物と判断せずアレルギー反応は起こりません。
しかし、成長するにつれて何度も蚊に刺されて行くうちに、蚊の唾液を異物と判断する様になりアレルギー反応がおこるようになります。

また、蚊アレルギーには2種類のタイプが存在します。

【 即時型反応 】

「蚊に刺された直後(15分後位)に、かゆみ・腫れ・発赤ができる」
こちらは青年期以降に多い反応です。

【 遅延型反応 】

「蚊に刺された1~2日以降に、かゆみ・腫れ・水泡・発赤ができる」
こちらは赤ちゃんに多い反応です。
蚊に刺された時は何の反応もなく、刺されてから数日後に症状が出ます。
ひどい場合は、腫れが大きくなったり、全身蕁麻疹が出たり、発熱や下痢をすることもあるため、危険です。

蚊に刺されただけなのに、ひどい症状が出るという場合は、一度皮膚科で検査をしてもらう事をオススメします。

蚊アレルギーの対策

では、蚊に刺された痕が赤く腫れあがったりした場合は、どの様に対処すればよいのでしょうか?

軽傷の場合は、抗ヒスタミンの非ステロイド外用薬を使用します。
市販のものであれば「ムヒS」等が該当します。

重症の場合は、抗ヒスタミンのステロイド外用薬を使用するのが一般的です。
市販のものであれば「液体ムヒS2a」等が対応しています。

しかし、市販のもので効果がないようなら、皮膚科の受診をオススメします。
内服薬等も貰えるかもしれません。

蚊よけ対策をしよう!

なにはともあれ、まずは蚊に刺されない工夫をすることが大切です。

蚊に刺されにくい方法は下記の通りです。

・肌の露出を減らす
肌の露出を減らすことで、物理的に刺されにくくしましょう。
・汗をかいたらこまめに拭く
汗には蚊を引き寄せる成分が含まれていますので、汗っかきの人はこまめに拭きましょう。
・黒よりも白っぽい服を着る
蚊は、黒や青等の暗い色に反応するという習性があります。
なるべく明るい色の服を着るようにしましょう。

その他にも、網戸に虫よけスプレーをしたり、アロマオイルをたく(ゼラニウム、ペパーミント、レモングラスの香りが虫よけにGOOD!)等の工夫が必要です。

まとめ

蚊アレルギーの人は刺されてしまうと辛い思いをしますので、まずは蚊に刺されない対策をしっかり行いましょう。
夏に向けて蚊が繁殖してきますので、早めに準備しておくことをオススメします!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑