ナンパされた事を自慢する心理と自慢してはいけない4つの理由

公開日: 

ナンパされた事を自慢する心理

ナンパされるのって、やっぱり女性としては、複雑な心境ですよね。

ついつい友人に、「ナンパされちゃった!」と、言ってしまいたくなる気持ちも分かります。

しかし、「ナンパされちゃった!」という話は、実は相手からはあまりよく思われない、ということをご存知でしょうか。

そこで今回は、「ナンパをされた」と自慢げに話してはいけない4つの理由と、その自慢話を聞かされた周囲の人たちが「どのように考えるか」ということについて、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

1:他に自慢できることがないの?

基本的には、「ナンパされた」という話は、あまり友人にはしないほうが賢明でしょう。

なぜなら、広く一般的な認識として、「ナンパされたことは自慢にはならない」と考える人が圧倒的に多いからです。

たとえば、あなたが見知らぬ男性からナンパされて、そのことを友人に対して、「ナンパされちゃった!」と、さも自慢げに話すとします。

ところがこれをしてしまうと、友人によっては、「他に自慢できることがないの?」と、思ってしまう可能性があるんです。

つまり、他に何も自慢できることがないから、ナンパされたことを「さもすごいこと」であるかのように話している… という印象を与えてしまうんですね。

2:そんなに舞い上がって嬉しいの?

また、ナンパされたことを自慢げに話してしまうと、「嬉しがっているの?」と思われる可能性が高いです。

例えばあなたが、サービス業のバイトをしていたとして、お客さんから連絡先が書かれた紙を渡されたとします。

これは、世間一般のモテる女性にとっては、至って普通のことです。

「紙を渡されるぐらい普通だし、そんなのナンパじゃないよ」と豪語する女性もいるくらいです。

女性によっては普通のこと

つまり、どこまでがナンパではなくて、どこからがナンパか… という線引きは、人によって違うということです。

にもかかわらず、あなたが「連絡先を書いた紙を渡されちゃった!これってナンパかなぁ?」と、自慢げに話をしてしまうと…

聞く人によっては、「たかが連絡先ごときで、そんなに嬉しいの? なに舞い上がってるの?」と思われてしまいます。

ですから、ナンパされたことを友人に話すときは、「嬉しがっている」と思われないよう、くれぐれも注意するに越したことはありません。

3:隙がある女と思われる

ナンパをする男性というのは基本的に、「隙がある女性、話しかけやすい女性」に声をかけます。

これは、当然ですよね。

外見から明らかに「声をかけにくそう」と思ったら、普通は声なんてかけません。

スポンサードリンク

外見がしっかりしていて、その気が全くなさそうな女性に対しては、男性はナンパを躊躇するものです。

隙があるからナンパをされる

つまり、ナンパをされるということは、その時点で男性から「隙がある」と思われていることを意味します。

ですので、「ナンパされた」ということを自慢げに話すことは、言い換えると、あなたは自分で「隙がある女なのよ!」とアピールしているのと同じ事になります。

「隙がある」という評価は、少なくとも、プラスの評価ではありませんよね。

一般に、「隙がある女性」というのは、「物欲しそう、だらしなさそう」という印象なので、「ナンパされた」という話はあまり周囲にはしない方がベターです。

4:勘違い女と思われる

ナンパをする男性の心理として、「美人すぎる女性にはナンパしない」という、鉄則のようなものがあります。

そのため、男性がナンパで一番の狙いやすいのは、一般には、「中の上」から「中の中」周辺とされています。

少なくとも世の男性は、明らかに「上」の女性に対しては、あまりナンパはしないんです。

これは、逆に言えば、「ナンパされた」= あなたは「上ではない」ということを意味します。

本当、失礼な話ですよね。

ナンパされるのは、恥ずかしいこと

でも、ある程度ナンパされることに慣れている女性は、「中の上だからナンパされた」ということを自覚しています。

つまり、ナンパされることを自慢するどころか、むしろ恥ずかしいこと、という認識です。

ですので、もしもあなたがナンパをされたとしても、あまりそのことを自慢げに話さないようにしましょう。

友人には「嫌なことがあった」と言って話そう

以上の理由から、「ナンパされた」という事実は、あまり周囲に対してべらべらと話さない方が無難です。

もしもあなたが、ナンパされたことを悩んでいて、信頼のおける友人に「相談したい」と思ったなら…

その友人に対しては、「ナンパされちゃった!」と自慢げに話すのではなく、あくまでも、「嫌なことがあったから、ちょっと話を聞いて欲しい」というように、少し沈んだトーンで話すようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、男性からナンパされた時に、「そのことを友人の女性に話すべきかどうか」というテーマについて、お話ししてきました。

世間一般では、「ナンパをされた」と、さも自慢げに話をしてしまうと、以下のようなリスクがあります。

1.
「他に自慢できることがない」と思われる。

2.
「そんなに嬉しいの?」と思われる

3.
「隙がある女・軽い女」だと思われる。

4.
「勘違い女」だと思われる

以上4つの理由から、ナンパされたことを「自慢げに話す」というのは、NGです。

どうしても話したい時は、相手をよく選んで話し、出来る限り秘密にしておくほうが賢明ですよ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑