淡路島グルメ、3年とらふぐ・牛丼・しらす丼。その人気店は?

公開日: 

淡路島の3年とらふぐ・牛丼・しらす丼などのグルメ

淡路島と言えば、海の幸に山の幸、農産物もたくさん収穫され、ご当地グルメが本当にたくさんあります。

大自然の中で育てられた食材を生かしたグルメが、淡路島の特産品として多くのお店で販売されていますが、
今回はそんな中でも選りすぐりの3年とらふぐ牛丼しらす丼についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク

淡路島の3年とらふぐについて

3年とらふぐというのは、海の中で3年の歳月をかけて育てた希少な養殖ふぐのことです。
とらふぐは通常2年で出荷するケースがほとんどですが、あえてもう1年育てることで、ふぐの身の質量、食感、味わいがアップします。

淡路島で3年とらふぐを育てているのは、淡路島南部に位置する福良港で、目の前には鳴門海峡が広がるといったとても恵まれた環境です。
そんな素晴らしい環境で育てられた3年とらふぐは、2年もので800グラム以下のところ、その2倍もの大きさにまで成長します。

潮の流れが速い天然の海で自由に育てられ、また、冬には水温が低下した鳴門海峡の潮で揉まれることから、身がさらに引き締まり、最高の状態に仕上がったのが3年とらふぐです。

淡路島の3年とらふぐは肉厚が凄く、天然のふぐにも全く引けをとらない食べ応えがあるのが特徴で、そんなふぐを使った新てっちり「美福鍋」が注目されています。

「美福鍋」のメインはもちろん淡路島の3年とらふぐですが、さらにふぐの皮も具材に使われています。
それに加えて淡路島産レタス(意外と鍋に合います!)を入れ、ダシには淡路島の地酒が使われています。
また、自家製のポン酢ジュレを鍋の具材のレタスに包んで食べるのも人気です。

鍋のシメには淡路島のお米や特産品の手延べ素麺をいただきます。
その際に使うお箸を置くための箸置には「淡路瓦」が使われているといった手の込みようで、「美福鍋」は初めから終わりまで淡路島尽くしです。

淡路島で「美福鍋」が食べられるお店というのは、福良地域で11件、阿万地域で1件、阿那賀地域で2件、広田地域で1件だけと限られています。
淡路島に訪れた際には、ぜひ食べてみてほしいですね♪

「美福鍋」の食材のふぐの皮にはコラーゲンが豊富に含まれているので、女性に嬉しい鍋とも言えるでしょう。

淡路島のおすすめ牛丼とは?

淡路島のソウルフードである牛肉、玉ねぎ、お米を使った淡路島牛丼が注目されています。

淡路島自慢の食材を使って作った淡路島牛丼は、発売から1年で48万食を売り上げるほどの人気で、お店ごとにアレンジを加えた淡路島牛丼はそれぞれに魅力があります。

淡路島牛丼が誕生したのは2008年のことで、「淡路島の新たなファン作り」をしようとご当地グルメを考案しました。
当初はカレーライスが検討されたのですが、カレーライスではせっかくの玉ねぎが溶けてしまうということから別の物を、と考え出されたのが「牛丼」でした。

島自慢のそれぞれの食材の味が生き、作るお店独自の個性も活かしやすいということでスタートした淡路島牛丼ですが、今ではその加盟店も60店舗を超し、淡路島中で様々な牛丼が振舞われています。

スポンサードリンク

そんな淡路島牛丼の中でも上位にランクインしているお店を紹介しましょう。

【 第1位 】

淡路ごちそう館御食国

住所:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8

サラダバーと味噌汁、香の物が付いた淡路島牛丼セットが人気です。
淡路和牛のバラ肉と、淡路玉ねぎを贅沢に使って煮込んだ淡路牛を重箱に敷き詰めた絶品の牛丼です。

【 第2位 】

たまご亭

住所:兵庫県淡路市志筑新島10-51

あわじ玉卵牛ステーキ丼が人気で、淡路でも最高級の淡路産黒毛和牛が使用されています。
ちなみに、あわじ「タマラン」牛ステーキ丼と読みます(笑)

【 第3位 】

いづも庵

住所:兵庫県淡路市志筑3522-1

石焼牛丼が人気で、アツアツの石焼で提供されます。
創業100年の老舗麺屋さんが、淡路牛スジを特製和風ダシで長時間煮込んだ絶品の牛丼です。

【 第4位 】

松葉寿司

住所:兵庫県南あわじ市広田広田528-1

淡路牛の上ロースと甘い玉ねぎに美味しいお米を使って作った淡路島特選牛丼が人気です。

【 第5位 】

いしびきそば丸中

住所:兵庫県淡路市志筑3112-4
   
そば屋のダシが何とも絶妙な牛丼です。

お寿司屋さんとかお蕎麦屋さんとか面白いですね!
上記以外にも、個性豊かでおいしいお店がたくさんあります。
お気に入りのお店を見つけてみましょう♪

淡路島のしらす丼人気店は?

淡路島の生しらす丼は、島内で現在52店舗が提供しています。

生しらすを食べることができるのは新鮮な状態の時のみで、4月~11月までの期間限定で食べられる新定番の島グルメです。

淡路島の生しらす丼人気店の口コミ上位を一部紹介しましょう。

【 1位 】

炭火焼レストラン海石

兵庫県洲本市海岸通1-3-11

生しらすと釜揚げしらす、
ダブルでしらすを食べることができる絶品のしらす丼です。

【 2位 】

絶景レストランうずの丘

住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3

ABC朝日放送 おはようコールABCでも紹介されたほどの美味しさです。

【 3位 】

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ

住所:兵庫県洲本市小路谷1279-13

四季の野菜サラダ風しらす丼で、期間限定で販売されています。

【 4位 】

中原水産

住所:兵庫県洲本市炬口1-1-41

塩茹でしたしらすをさっと天日干しし、炊き立ての白いご飯にどっさり乗せたしらす丼は絶品です!

【 5位 】

サンライズ食堂

住所:兵庫県南あわじ市広田広田1466-1

淡路島岩屋港で水揚げされ、ベテラン職人か目利きしたしらすのみを使用しているしらす丼です。

淡路島の生しらす丼はいつでも食べられる訳ではないプレミア感がまたそそられますね!
美味しい新鮮なしらすを、食べられる期間中にぜひ食べてみて下さい♪

まとめ

淡路島にはたくさんの島フードがありますが、その中でも今回は、3年とらふぐ、牛丼、生しらす丼のご紹介でした。
淡路島に訪れた際には、絶品グルメをぜひお腹イッパイ食べてもらいたいですね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑