誰でも簡単にハンドメイドクリスマスリースが作れるレシピ紹介

公開日: 

クリスマスリース

クリスマスが近づくと、玄関ドアなどにクリスマスリースを飾りますよね。

海外では、「災いが訪れませんように、豊かに暮らせますように」という願いを込めて飾るのですが、日本の場合はクリスマスムードを高めるための演出的意味合いが強いようです。

海外のリースは主に柊や松の葉、松ぼっくりにオレンジの実などで作りますが、日本では折り紙や毛糸、オーナメントなどを使って、世界でたったひとつのオリジナルクリスマスリースをハンドメイドするのがブームになりつつあります。

まぁ、ブームと言っても、今年初めてクリスマスリースをハンドメイドしようと思ってる人にとっては、何から始めたら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、これから初めてクリスマスリースを作るという人にオススメしたいクリスマスリースの簡単ハンドメイドレシピを3つご紹介します。

スポンサードリンク

【難易度★☆☆】真っ赤なリボンが印象的なクリスマスリース

オシャレなクリスマスリースを作りたいけど、不器用だから市販されているクリスマスリースをアレンジする方法を探している… という人にオススメのハンドメイドレシピがこちらです。

用意するのは、シンプルなクリスマスリースと生地屋さんなどで売っている真っ赤な幅広リボンだけ。

では、さっそく作り方をご紹介しますね。

【 材料 】
・市販のクリスマスリース:1つ
・真っ赤な幅広のリボン:100cmほど
・木工用ボンドもしくは両面テープ:1つ
・ハサミ

【 作り方 】
1.
市販のクリスマスリースのサイズに合わせてやや大きめのリボンを2つ作ります。

2.
リースの上か下に2つのリボンを重ねて貼り付けます。
※リボンが重いと下に垂れ下がってしまうので、リボンのかたちを整えたら、端の部分もリースに貼り付けると見栄えが良くなります。

3.
リボンのかたちを整えたら完成です。

初めからリボンやド派手な飾りが付いているリースを購入してしまうと、せっかく作ったリボンが目立たなくなってしまうので、必ずシンプルなデザインのクリスマスリースを購入しましょう。

【難易度★★☆】とってもエコなクリスマスリース

自宅にあるものでクリスマスリースを手作りしたい人にオススメなのがこちらのレシピです。

なんとトイレットペーパーの芯だけで作ることが出来る!?とってもエコなクリスマスリースです。
絵の具や毛糸、緑色の紙があれば、まるでポインセチアのような可愛らしいリースが完成しますよ♪

では、さっそく作り方です。

【 材料 】
・トイレットペーパーの芯:7個~9個ほど
・毛糸もしくはボタン
・緑色の紙
・絵の具
・細めの両面テープ
・ハサミ
・吊るすためのリボン

スポンサードリンク

【 作り方 】
1.
トイレットペーパーの芯を軽くつぶし、1cm幅でカットしていきます。

2.
カットしたトイレットペーパーの芯を7個ずつ花のかたちになるように両面テープで留めていきます。

3.
上記2.を10個作ったら、好きな色の絵の具で着色します。

4.
絵の具が乾いたら、大きなリングになるように花を両面テープでくっつけます。

5.
最後に緑色の紙で葉を作り、毛糸を丸めて10個の花それぞれの中央に貼り付けます。

6.
リースの上の部分にリボンを取り付け、接続部分に丸めた毛糸やボタンを取り付けたら完成です。

作ったリースの下に「Happy Christmas」というメッセージカードを貼り付けると、さらにクリスマス感がアップするので、オシャレなデザインのメッセージカードを購入するか自作して貼り付けちゃいましょう♪

【難易度★★★】生花を使った本格的なクリスマスリース

クリスマスリースを一から作りたいという情熱を持った人にオススメのハンドメイドレシピがこちらです。

本物のお花を使って作るため、日持ちしないのが残念ですが、世界にたったひとつしかないあなただけのオリジナルハンドメイドリースを作ることが出来ます。

また、一から作るため、自由度が高く、あなたの芸術性やセンスなどが問われます。
難易度は少々高めですが、作るだけの価値はあるので、腕に自信のある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【 材料 】
・リース型のオアシス:1つ
・生花や葉類
・クリスマスらしい飾り
・細いワイヤー
・花やワイヤーを切ることが出来る大きくて頑丈なハサミ

【 作り方 】
1.
リース型のオアシスに水をたっぷり吸わせたら、水が滴り落ちないように水を切ります。

2.
松ぼっくりやどんぐりなどのクリスマスらしい飾りに細いワイヤーを巻き付けます。

3.
生花や葉類をリースに合わせて10cmの長さでカットし、2.と共にどんどん挿してゆきます。

4.
最後にバランスを整えたら完成です。

リース型のオアシスは、生花や葉類などを抜き差ししていると穴だらけになってしまううえ、穴も大きくなってしまうため、挿した飾りがボトボトと落ちてしまう恐れがあります。
このリースを作る際は、慎重かつ大胆に作り上げていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。
クリスマスリースを始めてハンドメイドで作ったときの感動はとっても気持ちの良いもので、一生の思い出になること間違いなしです。

最近は、家族で力を合わせて作ったリースをおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしたり、お友だちとリース交換をするために作ったりと、クリスマスリースをプレゼントとして活用する人もたくさんいます。

クリスマスまでまだまだ時間があるので、どんなリースが作りたいのかを紙に書いて「これだ!」というものをひとつ作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑