無痛分娩のメリットとデメリットは?日本ではなぜ少ないの?

公開日: 

無痛分娩,出産

出産法の1つとして「無痛分娩」という方法があるのをご存じでしょうか?

通常、出産のイメージは、陣痛の痛みがある印象ですが、無痛分娩とは、出産時に麻酔を使って陣痛の痛みを緩和する方法です。
日本では、まだ認知度が低くあまり普及していない出産方法ですが、徐々に一般化してきています。

ここでは無痛分娩について詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔を使い、お産のときの陣痛の痛みをやわらげる出産法です。

麻酔の種類は病院によっても異なり、無痛分娩には色々な種類がありますが、部分的に麻酔がかかる局所麻酔と、全身に麻酔がかかる全身麻酔に分けられます。
近年、日本の無痛分娩では局所麻酔が最も多く、局所麻酔の1つである硬膜外麻酔による無痛分娩が主流となっています。

ここでは最もポピュラーな硬膜外麻酔を用いた無痛分娩についてご紹介していきます。

硬膜外麻酔は、分娩監視装置を付け、無痛分娩の為の処置が必要となってきます。
背中から細いカテーテル(ビニールのような柔らかい管)を挿入し、そこから局所麻酔を注入してから出産が行われます。
背中にカテーテルを挿入するといっても、事前に皮膚麻酔をする為、痛みは殆どありません。

病院によって、陣痛が始まる前から麻酔をする場合と、陣痛がある程度進んでから麻酔をする場合があります。
子宮口がある程度開くまでは、陣痛の痛みがあることが多いです。
麻酔を使用する為、医者による手技がとても重要になってきます。
局所麻酔であれば、ママの血液中に麻酔が入らないため、赤ちゃんへの影響は殆どありません。

ただし、注意していただきたいのが、誰でも無痛分娩が受けられる訳ではないという点です。

・出産直前にも逆子が直らない場合
・前回の出産が帝王切開だった場合
・局所麻酔にアレルギーがある場合
・麻酔を行う局所に感染や腫瘍がある場合

これらの場合は、無痛分娩を行うことが出来ない場合もあるので、その場合は別の出産方法となります。

また、すべての病産院で無痛分娩を行ってはいません。
事前に無痛分娩を取り扱っている病産院を探しておく必要があります。

無痛分娩のメリットデメリット

次に、無痛分娩のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

【 メリット 】

緊張しやすい人や初産で難産だった人、痛みに弱くパニックになりやすい人、持病があってお産を長引かせたくない人等は、自然分娩より無痛分娩の方が落ち着いて出産が出来ます。

スポンサードリンク

全身麻酔ではなく、局所麻酔なので意識はハッキリしており、落ち着いてスムーズなお産になることが多いです。
もちろん、赤ちゃんの産声を効く事もできますよ。

自然分娩で産んだ妊婦さんは、痛みに耐えて産んでいるため、産み終わった後は体力の消耗が激しくグッタリしてしまいますが、無痛分娩で産んだ妊婦さんは、体力の回復も早く、すぐに赤ちゃんとの時間を楽しめるというケースも多いそうです。
出産に立ち会ってるパパや家族と楽しく過ごせるのも嬉しいメリットですね。
無痛分娩でも自然分娩同様に、赤ちゃんを出産する感動をきちんと味わう事が出来ます。

その他にも、無痛分娩にすることにより、余計な力がいりすぎず、赤ちゃんにも十分酸素が供給出来る事や、 麻酔剤は血圧を下げる効果がある為、妊娠中毒症の人や血圧が高い人には効果的です。
万が一、緊急帝王切開になった場合でも、麻酔薬をすぐに注入することが出来るため、スムーズに帝王切開に移行出来ます。

【 デメリット 】

麻酔の影響で陣痛縮が弱くなり、いきみにくくなるケースがあります。
陣痛が弱い場合は吸引分娩や鉗子分娩になったり、促進剤を使用する確率も増えます。

また、人によっては麻酔の副作用で血圧が低下したり、頭痛や吐き気が出現する場合もあります。
無痛分娩にすることで、自然分娩とは違う処置をする事が多くなりますが、自然分娩でも同じような処置をする事もありますのであまり心配はいりません。

日本ではなぜ無痛分娩が少ないの?

最近は日本でも無痛分娩を行う人が増えてきましたが、まだまだ一般的ではありません。

欧米の先進国ではまったく逆で、自然分娩では「母体だけでなく赤ちゃんにもストレスをかける」ものと考えられ、フランスでは9割、アメリカでも6割以上の人が無痛分娩で出産しており、無痛分娩が主流となっています。

残念ながら日本では無痛分娩を批判する人が多いのが現状です。
「痛い思いをして子供を産んでこそ立派な母親だ」という考えが根強い事も原因の1つです。

もちろんそんな事は全くありません。
父親だって痛い思いをしていませんが、立派な父親になれますよね?
日本でも無痛分娩への偏見が無くなれば、もっと妊婦さんの選択肢が増えるのでは?と思います。

また、日本ではまだ無痛分娩の処置を行える医者や病院が少ない事も普及していない原因です。
さらに、無痛分娩は保険の適用は受けられず、自費で支払わなければなりません。
欧米では無痛分娩は保険適用で受けられる事が多いので、その点でも日本より無痛分娩が普及しているのかもしれませんね。

まとめ

無痛分娩は、自然分娩とは正反対といっていい程医療介入が多い出産方法です。
自然分娩でも無痛分娩でも同じくらいメリットやデメリットがあります。
どちらの方法が自分に向いているかは人によって違いますので、良く検討してから出産に挑みましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑