簡単な視力回復方法と視力回復に効果のある食べ物&レーシック

公開日: 

視力回復

悪くなった視力を回復させたいと思いませんか?
簡単に視力が回復させられたらいいですよね?

今日はそんな視力に関するお悩みにお答えします。
視力回復に効果のある食べ物やレーシックについても解説していきましょう。

スポンサードリンク

簡単な視力回復方法。

悪くなってしまった視力・・・
もしも簡単に回復させられたらいいですよね?

そこでさっそく、
視力を簡単に回復できる方法をいくつかご紹介します。

・目薬をさす
ドライアイの人は涙の膜が均一でないため、光が拡散して物が見えにくくなっています。
ドライアイ専用の目薬をさして、涙の膜を均一にしてくれるムチンの分泌を促すようにします。

・毛様体筋を鍛える
毛様体は、遠くを見る時には緩み、近くを見る時には緊張し、対象の物質に合わせて水晶体の厚みを変えて物をハッキリ見せてくれるための組織です。
毛様体筋が衰えるとピントを合わせられなくなり、遠くのものがぼやけて見えるようになります。
そこでトレーニングをして毛様体筋を鍛える必要があります。
【鍛え方】
1. 遠近体操
遠くと近くを交互に見て毛様体筋を鍛えます。

2. 遠方凝視
遠くの一点をじっと見て毛様体筋を緩めるようにします。

・外眼筋を鍛える
外眼筋を鍛えることで眼球の動きが早くなり、ピントを合わせやすくなります。
鍛え方は、8の字を横に3回指で描き、それを目で追います。

・脳のトレーニング
脳を鍛えることで視力はアップすると言われています。

・マジカルアイ
画像を立体視して視力を回復させる画像のことで、平行法と交差法の2つの見方を用いて見ます。

・ツボ押し
遠視や乱視、老眼や白内障に効果のあるツボを押すようにします。

・蒸しタオル
蒸しタオルを目の上に置き、目の血行を良くすることで毛様体筋の緊張がほぐれます。

視力が回復する食べ物とは?

視力を回復させるために必要な栄養素とは…?

目に見えて直接的に視力回復することはありませんが、日頃から摂取していると確実に目にいい栄養素です。

【ドライアイ、眼精疲労】

・アントシアニン
夜間の視力アップや眼精疲労を回復させてくれ、視覚の情報を伝えてくれるロドプシンの再合成を助けます。
食べ物:ブルーベリー、カシス

・ビタミンA
粘膜の形成や修復を助け、涙の成分の一部であるムチン層の生成を促進します。
食べ物:ウナギ、あんこうの肝、鶏・豚・牛肉のレバー

・ビタミンB
目の周りの筋肉の緩和、目の粘膜の正常化が期待できます。また、水晶体の代謝アップや免疫機能を高め、視神経の機能の正常化も望めます。
食べ物:豚肉、卵、まぐろ、レバーなど

スポンサードリンク

・ビタミンE
血行を促進して疲れ目やドライアイの予防、老眼予防に一役買います。
食べ物:いか、えび、うなぎ、さつまいも、かぼちゃ、ホウレン草など

・亜鉛
皮膚や粘膜の健康維持、視神経の伝達サポートに貢献します。
食べ物:牡蠣、豚レバー、牛肉など

【近視抑制】
 
・アントシアニン
毛様体筋の緊張を和らげ、近視の進行を抑えるなどの効果が期待できます。

・DHA
視機能の改善や近視の改善が期待できます。
食べ物:アジ、イワシ、サバ、ハモ、サンマなど

【眼病予防】

・ルテイン
白内障、飛蚊症、黄班変性症の予防。水晶体、網膜の酸化や紫外線ダメ-ジの防止に効果的。
食べ物:ブロッコリー、ホウレン草、ケールなど
 
・リコピン
抗酸化作用による視機能改善、ルテインとの交互作用があります。
食べ物:トマト、すいか、ピンクグレープフルーツ

・カテキン
緑内障予防、さらに抗酸化作用による視機能改善が期待できます。
食べ物:緑茶

・βカロテン
夜盲症の軽減、目の細胞や粘膜の新陳代謝を良くしてくれます。
食べ物:かぼちゃ、にんじん、にらなど
 
・ビタミンC
白内障の予防に一役買います。
食べ物:小松菜、さつまいも、イチゴ、オレンジ、カシスなど

このような食べ物を組み合わせて食べることで相互効果が高まり、より良い効果を得ることができます。

視力を回復できるレーシック

視力を回復させる方法の1つにレーシックがあります。
なんだか怖いイメージもありますが、レーシックとはどんなものなのでしょう?

レーシックというのは、目の表面にある角膜にエキシマレーザーを照射して角膜の曲率を変え、視力を矯正する手術方法です。

通常、視力を回復させたい場合は、眼鏡やコンタクトレンズを使用する人が多いですよね?
ただ、中には装着の面倒さや運動の際の不具合などを考慮してレーシックに踏み切る人も一定数います。

レーシックは悪くなった目を正規の状態に近づけることができるので、手術後は裸眼での生活が可能です。

レーシック手術の手順としては、

1.麻酔
点眼麻酔で目を洗浄します。

2.フラップの作成
レーザーやマイクロケラトームという器具を使い、角膜表面にフタのようなフラップを作成します。
フラップを開け、そこにレーザーを照射して角膜の形を変えます。

3.レーザー照射
レーザーを照射して角膜の形を調整します。

4.フラップを戻す
角膜の形を調整(数十秒で完了)したらフラップを元の位置に戻します。

5.洗浄
最後に目を洗浄し、角膜が自然に接着するのを待ちます。

以上の方法でレーシックを行いますが、その時間は僅か10分程度ととても短時間で終了します。

まとめ

悪くなった視力が簡単に回復すれば良いですが、確実に回復させたいと思うならレーシック手術も良い選択肢と言えるでしょう。

レーシックは僅か10分程度の簡単な手術ですが、恐いと感じる人は簡単な視力回復法を試みたり、目に良いといわれる食べ物を意識的に摂取するとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑