お年玉の意味や由来は?渡すタイミングやお年玉の相場について

公開日: 

お年玉

子供たちのお正月の楽しみの一つにお年玉がありますね。
今年はいくらもらえるだろう? なんて皮算用してることでしょう(笑)

それに対して、あげる方の大人は戦々恐々ですよね。
とくに親戚に子供さんが多い人はけっこう大変だと聞きます。

渡す相手の年齢によっても金額は変わるようですが、相場はどのくらい?
なんて、他の人はいくらくらい渡しているのかも気になりますよね。

ということで、今日はお正月につきものの「お年玉」のお話しです。
その意味や由来、渡す金額の相場などをまとめてみました。

お年玉にはどんな意味が?

子供にとってお年玉はお正月の一大関心事ですが、お年玉には元々どんな意味があったのでしょう?

現在のお年玉の定義は、「新年のお祝いとして子供などに贈る金品」とされていますが、昔のお年玉はお餅だったそうです。

お年玉の語源は「年魂」から来ています。
年=神様、玉=魂を意味し、年神の御魂分という意味が「年魂」にはあります。

お正月は元々年神様を迎えるための行事です。
その時のお供え物として鏡餅が祀られ、その鏡餅のお下がりには御年神の魂が込められているとされていました。
それがお年玉の起源です。

お餅だったお年玉が、いつしかお金を渡すように変わっていったわけですが、それはちょうど日本の高度経済成長期の頃からだといいます。

元々お餅だったお年玉は、目上の人から下の人に渡されるようになり、その後それが子供に渡す慣習に変化していく中で、お餅よりもどんな物でも買えるお金の方がいいんじゃね?ということになったようです。

こういった変遷を経て、お年玉=お金になったのですが、子供たちも年々成長するわけですからお年玉だっていつまでも渡す訳にはいきません。
子供が何歳になるまで渡すのが普通なのか、一般的なお年玉に関する意見について、次章で考えていきましょう。

お年玉はいつ渡す?いくつまで渡す?

まず、お年玉を渡すタイミングですが、これは元旦に渡さなければいけない、ということはありません。
元旦以降、お年玉を渡す相手とその年初めて会った際に渡せばOKです。

スポンサードリンク

また、それ以上に気になるのが、お年玉は「何歳位から何歳位まで」渡すものなのかということですよね。
大人になってもまだ貰ってる人もいるようですが、生まれたての赤ちゃんに渡すというのも、ただ親が使うだけでは?と少し疑問を感じます。

お年玉をあげる年齢については、いくつからとか、いくつまで、といった明確な定義はありませんが、一般的に3歳位からあげるとされています。

3歳に満たない小さな子供にお年玉をあげるときは、お金ではなくお菓子やおもちゃといった子供が喜びそうな物を選ぶのも良い考えです。
お金の価値がまだ分からない年齢の子供にお金をあげても… と考える人は多く、お金の価値が分かる年齢に達した時点でお年玉をお金にするという感じでしょうか。
一般にお年玉を現金に変えるタイミングとしては、幼稚園に入園したらと考える人が多いようですね。

さて、さらに気になるのが、お年玉はいくつまで渡すのか?いうことですが、一番多い答えは「大人になるまで」という意見。

では、一体いつ大人になるのか?という疑問に対しては、「高校を卒業するまで」という意見が最も多く、次いで「社会人になるまで」。

ということで、いくつまであげるのか?というより、どのタイミングで打ち切るのかといえば、高校を卒業したら、もしくは就職したらという感じでしょうか。
いつまでもあげ続けるわけにもいかないので、どこかで線引きをして終わりを作らないといけませんね。

お年玉の平均金額って?

お年玉の相場も気になるところですが、あなたはどのようにお年玉の金額を決めていますか?

自分の渡している金額が適正なのか?ふと不安になったりもするので世間の相場を調べてみましょう。

・未就学児(3~6歳)
500円~1000円

・小学生低学年
1000円~3000円

・小学生高学年
3000円

・中学生
5000円

・高校生
5000円~1万円

以上が平均的なお年玉の相場です。

年齢が上がるにつれて金額もアップするので、初めにふんぱつし過ぎると後々大変になってきます。懐具合と相談しながら、相場に照らし合わせて、無理ない金額にしておきましょう。

まとめ

お正月と言えばお年玉!そう思ってる子供は多いもの。
あまりたくさんあげ過ぎても良くありませんが、少ないとケチだと思われます。
世間の相場にならって、いくら位のお年玉が適切なのかよく検討してから渡すようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑