夫がおめでとうを言ってくれない…お祝いが苦手な男の5つの心理

公開日: 

夫がおめでとうを言ってくれない

「夫が、全然お祝いをしてくれない」
「良いことがあっても、おめでとうを言ってくれない」

そんな不満や悩みはありませんか。

世の中には、「おめでとう」と口に出して言えない男性がいます。

必ずしも祝福してないというわけでもないのでしょうが、口に出すには抵抗を感じてしまうようです。

毎日顔を合わせている夫婦とはいえ、誕生日や結婚記念日など特別な日には、夫から「おめでとう」の一言があったら嬉しいものですよね。

こうしたお祝いの言葉は、いわば家庭におけるちょっとした潤滑油になります。

それなのに、なぜ世の男どもは「おめでとう」がサラッと言えないのでしょうか。

今回は、「おめでとう」を言えない、あるいは苦手に感じる「男性の心理」と、そんなときの「気の持ちよう」についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

1.照れくさい

基本的に世の男性の多くは「照れ屋」です。

そして、男が「おめでとう」を言えない最大の理由は、「照れくさい」からです。

照れくさくって「おめでとう」と言うのに抵抗を感じてしまうんですね。

内心では祝っている?

妻に笑顔を見せるだけでも照れくさいのに、ましてや「お祝いを言う」なんて、照れ屋の男性にとっては至難の業です。

じゃあ、祝福してないのか? といえば、必ずしもそういうわけではありません。

表面上照れてるだけで、心の中ではちゃんと「おめでとう」と思ってるんです。

祝福の言葉の有無にかかわらず、日頃から夫婦間で心が通じ合っているなら、特に気にしすぎる必要はないでしょう。

2.「それほどめでたくない」と考える

「おめでとう」をあまり言わない男性には、何かめでたいことがあっても…

「それほど、めでたくもないんじゃないの?」という心理が働きます。

つまり、「わざわざおめでとうを言うほどのことでもない」と考えているため、お祝いの言葉が出てこないというケースも。

大人の誕生日はめでたい?

この最も典型的な例は、「大人になってからの誕生日」です。

20代・30代ならまだしも、40代・50代にもなると、「誕生日なんて、別に嬉しくない」と考える男性は多いもの。

現に、「自分の誕生日にあまり関心がない」という人も多いですよね。

こうなると、仮に自分の妻が誕生日を迎えたからといって、特に「祝うべきこと」という感覚がなく…

むしろ、そうした男性にとっては、「誕生日?年をとって何がそんなに嬉しいの?」ってなもんです。

記念日にも関心がない

また、誕生日のほか、結婚記念日なども同様です。

スポンサードリンク

女性は全般的に記念日を大切にする傾向がありますから、この辺も世の男性とは対照的です。

「夫が、記念日や誕生日を覚えていてくれない」といって不満を募らせると、夫婦喧嘩の原因にもなりますから…

「そもそも夫が、おめでとうを言うタイプか否か」というポイントは、よく把握しておいた方がよいでしょう。

3.自分は無関係と考える

また、男性には、「自分に関係ないことは祝わない」という心理もあります。

例えば、子供が高校や大学の受験に合格した、というようなケースを考えてみましょう。

この場合、妻や子供は、夫に「おめでとう」を言ってほしいと考えますよね。

しかし、「おめでとう」を言えない男性というのは、「別に受験に受かっても落ちても、俺には大して関係ないし…」と考えます。

子供の受験なら、本当は関係あるはずなんですが、「子供の人生は、自分の人生とは別」という発想です。

こういうタイプは、他人の成功に対して「おめでとうを言う」という発想自体がありません。

4.他人に関心がない

上記のポイントとも関連しますが、「他人に関心がない」というタイプの男性は意外に多いものです。

他人が何をした、どうなった、ということに関心がないため、「おめでとう」の言葉も出てこない… というわけです。

しかし逆に言えば、このタイプは、「人の陰口」や「悪い噂話」もしませんから、その点は好感が持てます。

つまり、良いニュースであれ悪いニュースであれ、そもそも関心がない…ってことです。

5.嘘を言いたくないと考える

「おめでとうを言えない」性格は、良く解釈すれば「正直者」だとも言えます。

つまり、特にめでたいとも思っていないのに、口先だけで「おめでとう」を言うのに抵抗を感じる、という心理です。

要は、「嘘を言いたくない」ってことなので、たとえ笑顔でおめでとうが言えなくても、「正直で誠実な性格」というプラスの面もあります。

まとめ

今回は、「おめでとう」など、祝福の言葉を言えない、あるいは言うのが苦手だと感じる男性の心理として…

1.照れくさい

2.それほどめでたいと思わない

3.自分は無関係と考える

4.他人にそもそも関心がない

5.嘘を言いたくないと考える

以上5つのポイントについてご紹介してきました。

夫婦ともなれば、お互いの誕生日だけでなく、結婚記念日や家族の誕生日、子供の入学や卒業など…

夫に「おめでとう」を言ってほしい場面は数多くありますよね。

しかし、おめでとうが言えないタイプの男性にとっては、そういう諸々を負担に感じるケースもままあるようです。

「この人は、お祝いを言うのが苦手なんだな」と考えておいて、あまり気にしすぎないようにするのが賢明かもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑