アイシングクッキーとは?初心者でも作れる作り方&簡単デザイン

公開日: 

アイシングクッキー

見た目とっても可愛いアイシングクッキーはプレゼントに最適です♪

アイシングクッキーって何?
と思う人もいるかもしれませんが、恐らく見たことはあるはずです。
「あっ、あれのことかな?」
そうそう、それのことです(笑)

ところで、見たり食べたりだけではなく、アイシングクッキーを自分でも作ってみたいと思いませんか?
初心者でも簡単に作れるのかな?

作るものによって難易度は変わりますが、比較的簡単に作ることはできそうです。
でもアイシングクッキーを自分で作るとなるとセンスを問われるようですね。

そんなわけで、今日はアイシングクッキーの作り方をご紹介。
デザインに自信がない人でも簡単に書けるデザインについても調べてみましょう。

スポンサードリンク

アイシングクッキーって何?

アイシングクッキーは、焼いたクッキーの表面に砂糖や卵白を着色してデコレーションしたものです。
デコレーションした後、半日~1日しっかり乾燥させれば表面のデコレーションがしっかりと固まるので持ち歩きもOKです。

デコレーションで名前を書いたりできるため、出産内祝いやウェディングなどのプチギフトとしても人気があります。

アイシングクッキーは自分のセンスで色んなデザインの物を作ることができますが、最たる魅力は、贈る相手の好みに合わせて色やデザイン、形を表現できるということ。
それにより「想いを伝える」ことができるんですね。

そんな魅力あふれるアイシングクッキー、作り方は独学で学ぶことも十分可能ですが、より極めようと思うなら「日本アイシングクッキー協会」認定のアイシングクッキーインストラクター養成講座を受講してみても良いかもしれませんね。
インストラクター養成講座

アイシングクッキーインストラクター養成講座の特徴はというと、

・専門性
講座終了後、教室の運営から趣味、販売、ボランティア、イベントにと様々な分野で活躍することができます。

・味へのこだわり
見た目だけでなく味にもこだわり、「食べ物としてのアイシングクッキー」ということを大切にしています。

・バランスの良い講座内容
基礎を反復しながら数多くの実践をこなすというのが特徴で、卒業制作は特定の誰かのために作品を仕上げることになります。

・受講生や会員に寄り添う、あたたかい運営
初めての人でもしっかり学べるようなカリキュラムと、受講生4~6名に1人のアシスタントがついてしっかりサポートしてくれます。

・高いクオリティ
合格率30%の厳しいインストラクター認定試験に合格したインストラクターを導入し、高いクオリティが保たれています。

・活動しやすい人数
準備から片付けまでを1人で行うとなるととても大変ですが、人数が多すぎても良くありません。
協会では講座の受講人数をしっかりコントロールしています。

このような特徴を活かしながらアイシングクッキーのノウハウをしっかり教えてくれます。

初心者でも簡単に作れるアイシングクッキー

色鮮やかで見た目も可愛いアイシングクッキーですが、作るのは難しいものなのでしょうか?
ここでは、初心者でも簡単に作れるアイシングクッキーについて調べてみました。

スポンサードリンク

アイシングクッキーを簡単に作るには、アイシングシュガーパウダーを使うと良いようです。
通常は砂糖と卵白を混ぜたものを使うのですが、アイシングシュガーパウダーを使うと歯ざわりがソフトで食べやすくなります。

作り方はいたって簡単で、アイシングシュガーパウダーに水を混ぜるだけ。
それにアイシングカラーで色づけをして絞り袋に入れておけばOKです。
あとはそれを使ってクッキーにデコレーションを施し、半日~1日しっかり乾かせば完成です。

このところアイシングクッキーの人気も高まり、アイシングを始めるのに必要なアイテムが揃ったセットも販売されています。
そういったもの利用すれば初心者でも簡単にアイシングクッキーを作ることができますよ♪

アイシングクッキーの簡単デザイン

アイシングクッキーが可愛く見えるかどうかは、その見た目にかかっています。
どんなデザインにするかで見た目がだいぶ違ってきますが、独学でデザインをするとなるとその人のセンスが問われることになります。

初心者でも簡単に書けるデザインはというと…

・1色のアイシングを使う
色んな色を使うのは初心者にはなかなか大変なので、1色のアイシングを綺麗にコーティングするだけといった簡単な方法です。

・クッキーの形を利用する
クッキーの形を利用して、飾り付けをするような感覚でデザインします。

などです。

アイシングクッキーをデコるコツはというと…

・表面が乾く前に別色を乗せる
ベースの色に沈み込みフラットに出来上がります。

・表面を乾燥させてかた別色を乗せる
立体的に仕上がります。

・カラフルな砂糖細工
市販のシュガーペーストやマシュマロなどで飾りつけをします。

などの方法があります。

最近はインターネットで検索すると色んなデザインのアイシングクッキーが出てくるので、参考にしてデコレーションしてみると意外と簡単に作ることができるでしょう。

まとめ

アイシングクッキーは見た目も可愛く、メッセージ性も高いのでプレゼントとしても最適です。
食べるのがもったいないほどですが、自分がデザインしたアイシングクッキーを大切な人に贈るとたいへん喜ばれると思います。
アイシングクッキーのデザイン集などを見て、どんなデザインのものがあるのか予めリサーチしておくと良さそうです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑