ホクロができる原因と取る方法。悪性のホクロの見分け方

公開日: 

ホクロ

ホクロが増えてお悩みの方もいるでしょう。
多少のホクロはアクセントになりますが、増えすぎると悩みに変わります。
また、悪性のホクロもあるので、たかがホクロと侮れません。
今日はホクロの原因や取り方などをまとめました。

スポンサードリンク

ホクロはどうしてできるのか?

ホクロには種類があって、先天性のホクロと後天性のホクロに分かれます。
先天性ホクロは思春期までに現れるホクロで、原因は遺伝によるものです。
後天性ホクロは思春期以降にできるホクロで、原因は紫外線と言われています。
そういえば、小さい頃からあったホクロと大人になってからできたホクロってありますよね。

ホクロが増えるという印象は全て後天性のホクロですが、この原因は先述の通り紫外線です。
人の肌が日光にあたって紫外線に晒されるとメラノサイトがメラニンを生成して紫外線を吸収します。
この時に何らかの理由でメラノサイトが通常より多く増えることでできるのがホクロです。
その他、ストレスや疲労、生活習慣の乱れ、外的刺激、傷、摩擦などでできることもあります。

実はホクロについてはまだまだ研究段階で、ハッキリとした原因が解明されている訳ではないんですね。
でもやはり一番の原因は紫外線らしいので、日焼け同様に気を付けたいものです。

ホクロが悪性かどうかの見分け方

ホクロにはガンのような悪性のものがあるらしく、たかがホクロと侮れません。
普通のホクロなのか、悪性ガンの一種なのかを見分ける方法があるのでご紹介しましょう。

以下が簡単な見分け方です。

スポンサードリンク

・左右対象
ホクロの真ん中で線を引いたと仮定して、左右対称でないホクロはガンの可能性があります。

・境界線
境界線がハッキリしなくて、墨が滲んだようになっているものはガンの可能性があります。

・色
濃淡があるようならガンの可能性があります。

・大きさ
直径が6mm以上ならガンの可能性があります。

いずれも可能性なので、当てはまったからと言ってすなわちガンというわけではありません。
でも、気になるホクロがあるようなら皮膚科で調べてもらった方が安心ですね。

ホクロを簡単に消す方法とは?

ホクロを消す方法はレーザー治療しかないと思っているかもしれませんが他にも方法はあります。

・クリーム
ホクロを除去するクリームで、ホクロに塗るとかさぶた状になって1~2週間程度で綺麗に剥がれ落ちます。

・もぐさ
もぐさをホクロの上で燃やすことで、ホクロがかさぶたのようになって剥がれ落ちます。
いわゆるお灸ですね。

・美白化粧品
美白効果のあるビタミンCが配合された美白化粧品を使うことで、ホクロの色が薄くなる場合があります。

クリームは盛り上がったホクロに大変効果的で、周りに気付かれることなく自宅でこっそりホクロを除去できます。
もぐさは火を使うので煙や臭いが気になりますが、実はもぐさが燃える臭いは良い香りでリラックス効果もあります。
香りとほどよい温もりで癒されながらホクロを取ることができるなんて以外に良い方法です。
こういったものを使用してホクロが除去できるのなら良くありませんか?

まとめ

顔にホクロが多いのは顔が最も紫外線を受けるからですが、顔のホクロはやはりとても気になりますよね。
ホクロを取りたいと思ってもレーザー治療はちょっと躊躇ってしまう… という場合、まずはお手軽にクリームやもぐさを使えば簡単に除去できるかもしれません。
ホクロをコンプレックスに感じているんだったらまずは試してみませんか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑