青汁の成分とその効果。おいしく飲むにはどうすれば?

公開日: 

青汁

身体に良いと言われる青汁。

でも・・・
「ぅあーっ、まずい。。 もう一杯!」
っていうCMの通り、極端に美味しくないイメージがあります。

いくら身体に良くても飲めないほどまずいのでは続けられません。
果たして美味しくいただける方法はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

青汁の成分とその効果

青汁といっても原材料に何が使われているかによって効果が違ってきます。

青汁の主な原材料とその効果は以下の通り。

【 ケール 】
野菜の王様とも呼ばれ、たくさんの栄養素を含んでいます。
苦味が強いので飲みにくい場合はサプリメントでも摂れます。

・βカロテン
効果:抗酸化作用で内臓や血管のアンチエイジング効果
・ビタミンC
効果:抗酸化作用で内臓や血管のアンチエイジング効果
・メラトニン
効果:不眠に効果的
美肌や美白、不眠症に対する効果

【 大麦若葉 】
苦味がなく飲みやすいです。
含まれる栄養成分はケールと同じように豊富で、それにプラスしてとても強い抗酸化作用があるSOD酵素を含みます。
美肌や美白効果を期待するなら大麦若葉が一番です。

【 明日葉 】
カルコンと呼ばれる明日葉のみに含まれる成分があります。
カルコンには身体の老廃物を排出する作用があるので、デットクスやむくみ解消にとても効果的です。
その他、豊富に含まれた食物繊維が便秘も解消してくれます。

青汁を飲んで飲みにくいと感じた人は、もしかするとケールを原材料としたものを飲んだのかもしれません。
栄養素的にはケール > 大麦若葉ですが、飲みやすさで言うなら大麦若葉 > ケールです。
明日葉に関しては、明日葉にしか含まれない成分があるのでどの青汁を飲むかは悩みどころです。

おすすめの青汁ダイエット

青汁にはダイエット効果があって健康に痩せることができるかも?です。
とは言え痩せ薬ではないので、青汁を飲んだだけで、ただそれだけですぐに痩せられるという訳ではありません。
ダイエットの補助として継続的に青汁を摂取すれば、健康的にダイエットができるかも?ということです。

青汁に含まれる成分には食物繊維や酵素、ビタミンやカリウムなどがあり、それらには便秘やむくみを解消する効果があります。
ダイエットの敵である「便秘」の解消というだけでもけっこう心強いものがありますが、その他身体に良い栄養素が豊富なので続ければ効果的です。
リバウンドしにくいのも特徴です。
おすすめの青汁ダイエット法は、毎日継続してコップ一杯飲むだけという簡単なものです。

スポンサードリンク

青汁をおいしく飲むには?

青汁は「まずい」という潜入観念があります。
飲んだことがない人でも青汁はまずそうというイメージが定着しています。
そんな青汁をおいしく飲む方法はないのでしょうか?

まずいものが美味しくなることはないので、以下のように「飲みやすくする」という方法につきます。

・牛乳と混ぜる
味が抹茶ミルクのような感じになるのでだいぶ飲みやすくなります。
はちみつや砂糖を少し加えると更に飲みやすくなります。
牛乳に含まれるタンパク質やカルシウムも一緒に摂取できるのでけっこう良い飲み方と言えるでしょう。

・豆乳と混ぜる
豆乳に含まれるビタミンE、B1、K、葉酸、鉄分も一緒に摂取でき、牛乳と比べるとカロリーも低くて女性に人気の飲み方です。
またオリゴ糖を加えることで便秘解消にも効果があります。
でも、豆乳が嫌いな人は無理なので、その場合は上記の牛乳で試してください。

・野菜ジュースと混ぜる
野菜ジュースに混ぜると青汁の独特な味や匂いが気にならなくなります。
野菜ジュースに含まれるカルシウム、カリウム、タンパク質、リコピン、食物繊維も一緒に摂取できて効果的。

・フルーツジュースと混ぜる
子どもでも飲みやすくなるので家族みんなで飲むのにはよい方法。
ただ、使用するフルーツによって色はあまりきれいじゃないので、そこが問題。
フルーツは好みの物を選んでかまいませんので、子供にも飲ませるなら少しでもきれいな色になるように工夫しましょう。
バナナと牛乳をミキサーして、バナナミルクを作り、そこに青汁を入れたりすると、味も見た目も悪くありません。

・ヨーグルトと混ぜる
ヨーグルトの酸味と混ぜることで青汁の味や匂いが気にならなくなります。
ドリンクタイプの飲むヨーグルトに混ぜるのもよいでしょう。
薄緑色で見た目にも爽やか。

青汁の苦味が気になるという人は、砂糖やハチミツ、黒蜜、メープルシロップ、オリゴ糖などで甘味をつけると分からなくなります。
青臭いのが苦手という人は、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の果汁を加えると緩和されるでしょう。

青汁は継続して飲むことが大切なので、美味しく飲める方法を見つけて続けたいものです。

まとめ

青汁は身体に良いと分かってはいるものの、独特な味や匂いがどうも苦手だという人が少なくありません。
そんなときは飲み方を工夫すればだいぶ美味しく飲めるようになります。
継続的に飲むことで健康的にダイエットもできるし美肌効果も期待できるので、多少のまずさは我慢して続けてみる価値はあります。
また、最近は青汁のサプリも売られているので、飲むのはやっぱり無理!という人はサプリをどうぞ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑