陣痛促進剤は必要?いつ使う?怖くて使いたくない時の対処法は?

公開日: 

陣痛促進剤は必要?

出産を間近に控え、「陣痛促進剤を使うのが怖い」と考えていませんか。

通常は、おしるしや陣痛の後に出産が始まります。

しかし、陣痛の強さが足りなかったり、お産が長引いているときなど、医師が必要と判断した際は、「陣痛促進剤」を使ってお産の進行を助けることがあります。

そこで今回は、陣痛促進剤の種類や目的、使うべきケース等についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

陣痛促進剤はどんな時に使う?

お産の際に、陣痛促進剤を使う目的は、以下の二つです。

・分娩誘発
・陣痛促進

「分娩誘発」とは、陣痛がまだ始まっていない人に、陣痛を起こさせること。

一方、陣痛はすでに来ているけれど、十分に強まっていない人を後押しする目的で使用するのが「陣痛促進」です。

陣痛促進剤を使用するケース

陣痛促進剤を使用する主な目的は、「分娩の誘発」と「陣痛の促進」ですが…

「実際に使用するか、否か」というのは、本当にケースバイケースです。

陣痛促進剤を実際に使用する場面としては、主に次のようなケースがあります。

・陣痛はあるが、赤ちゃんを娩出するほどの強さがない場合

・微弱陣痛が長時間続いて、お母さんの体力の消耗が激しい場合

・胎児の状態が良くない場合

・予定日を過ぎても陣痛が起こらず、胎盤機能の低下などの恐れがあり、早くお産した方が良いと判断された場合

・妊娠高血圧症候群や様々な合併症、感染症などの危険性があると判断された場合

などです。

また、このほかにも…

出産の日付をあらかじめ設定して、計画的に分娩を行うために、陣痛促進剤を使うケースもあります。

産婦の同意が必要

いずれの場合であっても…

医師が、「通常の陣痛では出産が困難である」と判断し、産婦の同意が得られたときに限り、陣痛促進剤を使用します。

つまり、産婦であるあなたの同意がなければ、医師が無断で勝手に陣痛促進剤を使うことはありません。

「陣痛促進剤を使用するか、否か」という点については、医師と事前によく相談しておく必要があるでしょう。

陣痛促進剤は怖い?

「人工的に陣痛を起こすなんて、なんだか怖い…」

と感じているお母さんが多いのも事実です。

あなたも、「陣痛促進剤を使用することになったらどうしよう…」と、出産前から心配になっているのではないでしょうか。

しかし、陣痛促進剤の最大の目的は…

「このままでは陣痛が足りないため、分娩が困難」という状況の際に、出産をスムーズに進めることにあります。

スポンサードリンク

したがって、自然な分娩が困難なときなど、どうしても必要な状況であれば、陣痛促進剤はむしろ使用すべきものです。

逆に、お母さんが、「陣痛促進剤を使ってほしい」と、自分から医師に願い出るケースもあります。

怖いものという印象もあるかもしれませんが、過度に恐れすぎないのが肝心です。

また、通常、産院が陣痛促進剤を使用する際は、産婦の同意を得た上で、細心の注意を払って使用しますから、心配はいりません。

陣痛促進剤の成分は?

陣痛促進剤が何でできているのか、というのも気になる点ですよね。

陣痛促進剤で使用されるのは…

・オキシトシン
・プロスタグランディン

という、2種類のホルモンです。

この2つは、いずれも女性の体から分泌されるホルモンで、陣痛を引き起こす役割があります。

本来は人体に備わっているものですが、これらを人工的に抽出して合成したものが陣痛促進剤です。

愛情ホルモン「オキシトシン」

「オキシトシン」は、ネット記事などでもよく紹介されていますから、聞いたことがあるかもしれません。

別名「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれ、母性を司っているホルモンです。

出産の際は、通常、このオキシトシンが大量に分泌されて陣痛を引き起こし、分娩が始まります。

しかし、陣痛が足りない場合には、このオキシトシンを外から注入して陣痛を促すわけです。

「陣痛促進剤」というネーミングから、何だか危険な薬品を想像するかもしれませんが、本来、体内で分泌されるものを注入するだけのはなしなので、怖がる必要はありません。

また、オキシトシンは、赤ちゃんや夫、周囲の人への愛情を感じることでも、分泌が促されるという研究結果があります。

オキシトシンを分泌して、陣痛をスムーズに起こすためにも、「愛情」の気持ちを大切にしておきましょう。

使いたくないときは?

陣痛促進剤は、あくまでも、産婦との同意の上で使用されます。

「できれば使いたくない」とお考えなら、事前に医師に相談しておきましょう。

ただし、微弱陣痛があまりにも長引くと、お母さんの体力が消耗し、危険な状態になることもあります。そうすると選択肢も限られます。

そのように、「どうしても使わなければいけないケース」などについても、あらかじめ医師に質問して、自分なりの考えを決めておきましょう。

まとめ

今回は、陣痛促進剤の成分や、使用目的、使用するケースなどについてご紹介してきました。

まとめると、分娩が困難な状況のときに、出産をスムーズに進める目的で陣痛促進剤を使用する…ってことになります。

過度に不安を抱くことなく、少しでも不明な点があれば、かかりつけの医師によく相談しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑