横浜の神奈川新聞花火大会の絶景穴場スポット&穴場的ホテル

公開日: 

神奈川新聞花火大会

横浜の花火大会といえば、神奈川新聞花火大会がなんといっても最高です。

打ち上げ場所は、みなとみらい21地区の突端、臨港パーク前面海上なので、横浜港を囲むように広い範囲で壮大な花火が楽しめます。
横浜ベイブリッジやみなとみらい、横浜港の夜景を背景に咲き誇る大輪の花火は、他の花火大会では味わえない横浜ならではの風情です。

そんな横浜は神奈川新聞花火大会を、他の人より楽しめちゃう、絶景穴場スポットと穴場的ホテルをご紹介します。

スポンサードリンク

横浜の神奈川新聞花火大会の絶景穴場スポット

この神奈川新聞花火大会、毎年、総打ち上げ数は概ね15,000発相当。
大会名物2尺玉を含む尺玉連打、大スターマイン・スターマインなどが横浜港の夜空を彩る様は絶景です。

中でも名物の2尺玉は、関東最大級の大迫力で、直径480メートルにも及ぶ大輪が圧巻。
見る者を圧倒します。
ちなみにこの名物2尺玉ですが、「日本煙火芸芸術協会」という全国屈指の花火師が集う協会の出展です。

さて、それでは穴場的絶景ポイントのご紹介とまいりましょう。

【 臨港パーク 】

まず最初にご紹介したいのは「臨港パーク」です。

ここは穴場というにはポピュラーすぎるので、穴場という表現でご紹介すると怒られそうですが、神奈川新聞花火大会を観賞するには一番のお勧めスポットです。

それもそのはず、打ち上げ場所がこの臨港パークのすぐ前の海上なので、まるで花火の火の粉が降り注いでくるような感覚と臨場感に圧倒されます。
先述の名物2尺玉などの打ち上げ時には、本当に目の前一杯が花火の大輪で、ちょっと鳥肌ものの感動を味わえます。

しかし、その分人出は多く、花火大会当日は安全対策のため入場制限が行われます。
制限エリアに入場するには、事前に「花火鑑賞券(有料)」の申し込みが必要なのでご注意ください。
いきなり出向いても当日はそのエリアは入れませんので、こちらより事前確認をお願いします。

上記リンクは、ご覧になる時期によりサイトが最新の情報になっていないことがあります。
その場合は日にちをおいて再度アクセスしてみてください。

【 カップヌードルミュージアムパーク 】

カップヌードルミュージアムパークは、臨港パークの南東に位置し、花火鑑賞には臨港パークと並んで最高の場所です。
ここもやはり穴場と呼ぶにはポピュラー過ぎる場所ですが、感動を味わうには外せない場所なのでご紹介させていただきました。

カップヌードルミュージアムパークも臨港パークと同じく、花火当日は入場制限が行われます。
概要は臨港パークと同じですので、先述のリンクより事前確認と鑑賞券のご用意をしてお出掛けください。

【 ポートサイド公園 】

ポートサイド公園は、横浜駅の東側にあるポートサイド地区にある公園です。
みなとみらい全体をほぼ一望できる高台にあるので、神奈川新聞花火大会をみるには絶好の穴場スポットです。
また、ポートサイド公園の運河沿いは、全長約400mのデッキになっていて、みなとみらい方面を中心とした夜景の名所です。

住所:横浜市神奈川区大野町1-4

【 野毛山公園 】

打ち上げ会場からは若干離れますが、野毛山動物園がある野毛山公園内の展望台は、ぜひお勧めしたい穴場スポットです。
会場から少し遠い分、花火はやや小さくなりますが、2011年にリニューアルされた展望台からは、みなとみらい地区が一望できるので、花火と夜景のコントラストが絶景です。
ここは、東(港方向)に向かっておよそ200度の視界が開けており、港町横浜の夜景と風情を心ゆくまで堪能できます。
花火以外の時でも、ぜひ一度は訪れてほしい最高の夜景スポットです。

住所:横浜市西区老松町63-10

神奈川新聞花火大会

他にも、横浜赤レンガ倉庫、みなとみらい4街区・7~8街区、象の鼻パーク、山下公園など打ち上げ会場からそう遠くなくて入場制限のない絶景ポイントがあります。
混雑しても臨場感あふれる大きな花火を見たいか、多少花火が小さくなっても混雑していないところで見たいか、人それぞれですが、管理人としては、一度は臨港パークで、そして二度目(翌年)はポートサイド公園か野毛山公園で花火を堪能してほしいと思います。

横浜の神奈川新聞花火大会の穴場的ホテル

続いては、神奈川新聞花火大会がよく見えるホテルをご紹介します。
どれもよく知られたホテルなので穴場といえるか分かりませんが、ホテルから見る花火はまた格別です。

会場近くの地上のような臨場感は少し薄らぎますが、そのかわり混雑知らず・暑さ知らずで、プライベートな空間から快適に花火が楽しめます。
家族連れにも、またデートにも、ちょっと贅沢だけど優越感を味わえる素晴らしい夜をお過ごしいただけることでしょう。

スポンサードリンク

【 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル 】

みなとみらい地区で最も海寄りのホテルです。
ヨットの帆をイメージしたとされる独特の外観は、みなとみらいのシンボル的存在として有名です。
(私はヨットの帆というより、カットされたケーキに見えるのですが…笑)

打ち上げ会場に近いため、花火はハンパなくよく見えます。
ただ、その分人気もあり、花火大会当日の予約がとり難くなります。
日程が決まり次第、早めに良い部屋を確保することをお勧めします。

住所:横浜市西区みなとみらい1-1-1
電話:045-223-2222


【 横浜ロイヤルパークホテル 】

横浜ランドマークタワーの52~67階にある超高層ホテルです。

横浜ランドマークタワーといえば、日本一高いビルです。
その高層階がホテルになっています。

地上200メートルから見下ろす花火は正に絶景です。
みなとみらい地区の素晴らしい夜景と相まって、花火がひときわ冴え、その美しさには思わずため息がこぼれます。

部屋の方向により花火が見えないので、予約の際は必ず花火が見える側の部屋を予約してください。

住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
電話:045-221-1133


【 横浜ベイホテル東急 】

大観覧車・コスモロック21を正面に臨むホテルで、クイーンズスクエア横浜の中心に位置しています。
海に向かって大きく開けた窓とバルコニーが人気です。
花火を見るにも最高の場所に位置していますので、早めの予約がお勧めです。

住所:横浜市西区みなとみらい2-3-7
電話:045-682-2222

まとめ

花火大会は夏の風物詩として全国各地で行われますが、横浜港の夜景とコラボした神奈川新聞花火大会は格別です。
みなとみらい地区の夜景はただでさえ美しいのに、その夜景を花火が彩る様はまさに絶景以外の何ものでもありません。

そんな神奈川新聞花火大会をより楽しむために、いくつかの絶景ポイントをご紹介しました。
お気に召した場所で、ぜひ素敵な夜をお過ごしください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑