今の会社を退職して転職したい!やることは?転職後の注意点は?

公開日: 

転職の第一歩

「今の仕事を辞めて転職したい!」と思っているあなた、転職するには色々な準備が必要です。
今後の人生を左右する事なので、しっかり準備をして転職活動を始めましょう!

ここでは、転職するにあたって必要な事をご案内致します。

スポンサードリンク

今の会社を退職したい!

あなたが転職したいと思う理由は何でしょうか?

「今、勤めている会社を辞めたいから」
「何か他にやりたい事があるから」

など、様々な理由があるかと思います。

他にやりたい事がある場合は問題ありませんが、気を付けていただきたいのが、「今の環境が辛いから、とりあえず転職したい」という場合です。

退職するにあたって何か強い理由が無いと、退職したいと申し出ても、今いる会社に引き留められてしまう可能性があります。
大企業に勤めている場合は、社内にいくつもの部署や職種があることが多いので、部署異動や給料の交渉があるかもしれません。
それで解決するのであれば問題ありませんが、本当に会社を辞めたい場合は、やはり強い理由がないと説得できません。

また、転職活動をするにあたっても、「前の会社が嫌だから転職している」という理由では、「この人はまた嫌になったら辞めてしまうかも」と思われ、転職活動も難航します。

さらに、スムーズに退職できるように上司には早めに相談しましょう。
今あなたが抱えている案件や、辞めた後の引き継ぎがあるかもしれません。
「辞めるからもう自分には関係ない」ではなく、残された人に少しでも配慮することで気持ち良く退職できます。

また、上司に報告する場合は、いきなり一番上の人に相談しない方がよいでしょう。
階級を飛び越えて報告してしまうと、何も聞かされていない直属の上司に迷惑がかかります。
まずは、一番身近な直属の上司に相談することが大切です。

ポイントをまとめると・・・

・退職理由を明確にする
・早めに相談する
・直属の上司から相談する

以上を守って、スムーズな転職活動を始めましょう!

転職活動でやること

退職の準備が整ったらいよいよ転職活動です。
ここでは、やらなければいけない事をご紹介します。

今の職場に在籍中から転職活動をするか、
辞めてから転職活動をするかを決める

在籍中に転職活動をするメリットは、何といっても金銭面に困らないことです。
また、早めに内定が出れば、辞めた後にスムーズに就職出来るため、手続きが楽になります。

デメリットは、時間の調節が難しいことです。
働きながらの場合は企業の面接の時間を確保するのも結構大変ですし、合間を縫ってエントリーシート等を書かなければいけないのが大変です。

辞めてから転職活動するメリットは、時間に余裕が出来ることです。
じっくり企業訪問出来たり準備に時間が取れます。

デメリットは経済面が不安なことです。
失業手当を受け取れる制度もありますが、自己都合退職の場合は3ヶ月間は受け取ることができないため、給料の3か月分の貯金は用意しておきましょう。

スポンサードリンク

また、今まで会社の厚生年金・健康保険に加入していた人は、国民年金・健康保険等に切り替えなければいけないという手続きの手間がかかります。

余談ですが、会社を辞めてから転職活動をする場合、お近くのハローワークで事前に失業認定を受けていれば、就職祝い金が貰えることがあります。
(細かい条件等はありますので、お近くのハローワークに確認して下さい)
なので、失業手当を貰う前に就職が決まってもお金が貰える場合がありますので、失業認定を受けておくと損はないですよ。

ゆずれない条件を決めておく

勤務地、業界、職種はもちろん、今より
給与が上がらないとだめなのか、下がっても良いのか?転勤可能か、不可能か?福利厚生は充実していた方が良いのか?等々・・・
ここをしっかり決めておかないと、転職してから「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔します。
そしてまた転職を繰り返すことにならないよう、自分の中でのゆずれないポイントをしっかり決めておきましょう。

エントリーシートや面接対策はしっかりと!

これは新卒の面接と同じです。
むしろ新卒の時よりも求められる事が多いことが予想されるため、ここは事前にしっかりと準備しましょう。

各種人材会社に登録すれば無料でリクルーターがついて求人の紹介や、面接の練習、履歴書の書き方の指導等してくれます。
自力で準備するのに不安がある人は、人材会社に登録するのがオススメです。
人材会社は1社だけではなく、複数社登録しておいた方が色々な求人が見れるのでよいですよ。

転職後に注意する事

転職活動が終わり、無事に内定がでました!
ホッと一安心ですが、ここからが新しいスタートの始まりです。

ここでは、転職後の新しい職場での注意点をまとめましたのでご紹介します。

・「新人」の気持ちを持つ

中途採用で入ってきた人は年齢関係なく、その会社では「新人」です。
特に最初の3か月位までは、本当の新人だった頃を思い出して、挨拶や返事はしっかりと、出勤も早めすることが肝要です。
まずは、新たな人間関係の構築に必要な「信頼」を得ることが何よりも大切になります。
今までの経験があるからといって傲慢な態度を取らないようにしましょう。

・前の会社のやり方と比べない

前の会社で得たスキルはもちろん活かすべきですが、会社には会社毎の仕事のやり方があります。
「前の会社ではこうだった」等はあまり言わないようにしましょう。
あなたはまだ「新人」なのですから、とりあえずは「郷に入ったら郷に従え」の精神が大事ですよ。

・分からない事は最初のうちに色々聞いておく

新卒採用の人と違うのは、いつまでも「新人」ではないことです。
職場になじんだ頃には責任のある仕事がバンバン舞い込みます。
分からない事は聞きづらくなってくるので、もし分からない事があればそのままにしておかず、些細な事でも最初のうちに聞いておきましょう。

まとめ

転職活動は大変なこともありますが、この経験はいつかきっとあなたの糧になるはずです。
新しい人生の一歩と思って、前向きに頑張って下さいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑