ハロウィンの衣装を厚かましいママ友に貸すべきでない理由と断り方

公開日:  最終更新日:2017/08/10

ハロウィンの衣装を厚かましいママ友に貸すべきでない理由

あなたの周りに、「物の貸し借りは当たり前」と考えている厚かましいママ友はいませんか?

本当、迷惑この上ない話ですよね。

そして、この悩みが最高潮になるのが、ハロウィンの時期です。

「ハロウィンの衣装を貸して欲しい」という、世にも厚かましいお願いを平気でしてくる人も世の中には実際にいるんです。

そこで今回は、あなたの子供の大切なハロウィン衣装を「貸して欲しい」と言われないための対処法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

「そもそもなぜ借りたいのか」を考えよう

まず、あなたに「衣装を貸してほしい」と言っている時点で、「家族団欒で着るだけ」とは考えにくいですよね。

やはり、「そのママ友の子供は、どこかへ着ていくに違いない」と、考えなければなりません。

具体的には、その子があなたから借りた衣装を着て…

「ハロウィンパーティーに参加したり、どこかのテーパパークなどのイベントに参加するのだろう」と推測できます。

そんな混雑するような場へ行くのに衣装を貸してしまったら汚れるのは当然ですし、最悪の場合、破れたり、もう着れない状態になって返ってくることだって、充分ありえる話です。

そのため、「ハロウィンの衣装を貸してくれ」なんて、普通は言わないものです。

厚かましい依頼は、絶対に断ろう

そんな厚かましいリクエストをしてくる時点で、かなり非常識なママ友だと見て間違いありません。即座に、断るのがベストです。

また、ここが重要なところですが…

そのママ友に衣装を貸しても、あなたには何一つメリットはありません。あなたが損をするだけです。

効果的な断り方は?

断る時は、あれこれ理由を述べずに、一言で断ってしまうのが最も効果的です。

「物の貸し借りはしない主義なんです」と言って、思い切ってキッパリ断ってしまいましょう。

ただし、「申し訳ないけど、そういうことだから、他の人を当たってほしい」と、一応のフォローを入れておくと恨みを買わずに済みます。

ハロウィンシーズン直前のSNSには注意!

あなたはこれまで、FacebookやTwitter、インスタグラムなどに、「自分の子供がハロウィンの衣装を着ている写真」を公開したことはないでしょうか。

でも、この行為、場合によってはかなりリスクが高いことをご存知でしたか?

なぜなら、厚かましいママ友は、あなたがアップした衣装の写真を見て、「そうだ、この人から借りよう」なんて考える可能性もあるからです。

ですので、ハロウィンのシーズンが終わるまでは、衣装の写真は公開しないようにしましょう。

厚かましいママ友に見られないようにしよう

そもそも、FacebookやTwitter、インスタグラムなどは、ママ友と迂闊に交換するべきではありません。

スポンサードリンク

なぜなら、あなたが何をしたのか、何を食べたのか、といったことが全て筒抜けになってしまうからです。

顔も見たくない品性下劣なママ友と、Facebookやインスタグラムなどを通じて繋がっている状態というのは、本当に窮屈ですよね。

それによって、厚かましいママ友に「ハロウィンの衣装」が見られて、借りに来られてしまっては非常に迷惑です。

ですので、いっそのこと、新しいアカウントを作るか、ママ友のアカウントをブロックするなどして、こっそりフェードアウトしてみるのも効果的です。

SNSは、ママ友に秘密にしておこう

もしもあなたが、これからインスタグラムなどのSNSを始めようとしているなら、ママ友たちにそのことを言うべきではありません。

あなたのプライベートが、ママ友たちに筒抜けになってしまうからです。

「私、SNSとかそういうの苦手だから」と、シャットアウトしてしまうのがベストです。

でも、もしも「すでにアカウントはバレてるし、さすがにブロックは気まずいかも…」という状態であれば、上記でもご紹介したように、ハロウィンの衣装のような高価な服装の写真や高価な食事の写真などは、載せないようにしましょう。

リスクは今後も続く

また、ママ友の厚かましい願いを警戒しなければいけないのは、ハロウィンの時期だけではありません。

ハロウィンを過ぎると、クリスマスやお正月など、きれいな衣装が必要になる機会が続きますよね。

今回、ハロウィンでママ友への態度を曖昧にしてしまうと、その後、クリスマスやお正月でも、何かと借りに来られる羽目になります…、考えただけでも、恐ろしいことですよね。

ですので、このハロウィンを機会に、そんな厚かましいママ友からの依頼はキッパリと断るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ママ友から「ハロウィンの衣装を貸してほしい」と言われたときの方法として、

1.
「物の貸し借りはしないことに決めている」と言ってキッパリ断る。

2.
「うちは無理だけど、ほかの人に借りてみて」とフォローを入れておく。

3.
品性下劣なママ友とはSNSを交換しない。

4.
すでに交換している場合は、SNSに子供の豪華な衣装の写真などは載せない。

5.
どうしても載せたい場合は、ハロウィンが終わってから載せる

…などの方法について、ご紹介してきました。

そもそも、「ハロウィンの衣装を借りに来る」という時点で、かなりの非常識な女性です。

あなたが、そんな非常識で厚かましいママ友と関係を続けるメリットは、全くありません。ママ友からの依頼は、キッパリと断ってしまいましょう!

また、これを機に、フェードアウトしてしまう、という手もあります。

【 ママ友からフェードアウトする方法 】の記事も、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑