唾液を増やせば口臭は治る!夫の口臭を劇的に改善できる4つの方法

公開日: 

夫の口臭

「夫の口が臭い!」と悩んでいませんか。

夫の口が臭いあまり、妻であるあなたまで夫を避けるようになると、夫婦関係はもとより、家族の関係もギクシャクしてしまいますよね。

口臭の原因は様々ですが、最大級に影響しているのは「唾液」です。

実は、口臭のほとんどは、唾液の分泌量の少なさが引き起こし、この「唾液の量」が適正であれば、口臭は改善可能なんです。

そこで今回は、唾液と口臭がどのように関わり合っているのか、そして、唾液の改善によって、口臭を抜本的に解決する4つの方法についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

口臭の最大の原因は唾液

一般の人は、普段の生活の中で、「唾液」というものをあまり意識しませんよね。

なぜなら、ほとんどの人にとって「唾液」は、特に意識をしなくても勝手に分泌されるものだからです。

でも、「口が臭い人」の多くはそうではありません。

唾液がほとんど分泌されず、口の中がいつもカラカラの状態で、口から異臭を放っている…

というケースが多いんです。

あなたの夫も、ひょっとしたら、「唾液が少ない体質」なのかもしれません。

つまり、

「唾液が量が少ないのが原因で、口が臭くなっている…」

そういった可能性が否定できないんです。

では、なぜ唾液が少ないと、口が臭くなるのか… その理由を見ていきましょう。

唾液の効能

普段、私たちはあまり意識していませんが、唾液には人体にとって有益な様々な効能があります。

中でも、特に重要なのは…

・殺菌作用
・消化作用

この2点です。

唾液の殺菌作用

昔から、怪我をしたときには、「傷に唾をつけておけば治る」なんて言われていたものでした。

特に、昭和生まれの人なら、親や祖父母がよく口にした、「唾つけときゃ治る」というフレーズを実際に耳にした人も多いでしょう。

これはつまり、唾液そのものの中に、菌を消毒したり、殺菌したりする働きがあることを指しています。(その真偽は置いておいて)

逆に言えば、唾液が少ないと、口の中に雑菌が繁殖しやすくなる…って意味にもなります。

たとえば、口臭の主な原因の1つに「歯周病」があります。

歯周病とは、歯周ポケットに雑菌(歯周病菌)が繁殖することで、歯周に炎症を起こす症状です。

しかし本来は、唾液がちゃんと機能していれば、唾液の殺菌作用により、こうした雑菌の繁殖は抑えられています。

でも、唾液が正常に機能していない人は…

十分な量の唾液が分泌されず、雑菌が口の中で繁殖し放題になってしまうんです。

これが、口臭や歯周病を引き起こす最大の原因の1つです。

消化作用

また、唾液には、消化を助ける働きもあります。

一般に、口から入った食べ物は「胃の中でドロドロに消化される」と思われがちですが…

口の中で食べ物を噛んでいる段階で、すでに唾液によって消化が始まっています。

つまり、口の中に少々食べかすが残っていたとしても、唾液がちゃんと出ていれば、少しずつ消化されていくわけです。

でも、唾液が少ない人は…

食べかすが、いつまでも口の中や歯周ポケットの中に残ってしまう…。

これが、口の中の雑菌を繁殖させ、口臭や歯周病の原因になるんです。

スポンサードリンク

唾液を増やす事は可能?

ここまで見てきたように、あなたの夫の口臭がきついのは、「夫の唾液の量が少ないから」という可能性があります。

だったら、唾液を増やす、あるいは正常に分泌させるにはどうすればいいか…?

唾液を増やすための効果的なトレーニングは、次の4点です。

・口の中を舌で刺激する
・食べ物をよく噛む
・水をよく飲む
・酸っぱいものを頻繁に食べる

では、1つずつ見ていきましょう。

1.口の中を舌で刺激する

「口の中を刺激する」とは、分かりやすく言えば、舌で口の中をマッサージする、そういう意味です。

これは、「口の中の筋肉を鍛える」ために行います。

唾液は、ちょうどポンプのように、口の中の筋肉の収縮運動により分泌されます。

唾液が少ない人というのは、口の中の筋肉が衰えているか、正常に活動していない可能性があります。

そのため、唾液の量を増やすためには、舌を口の中でコロコロと回して、口の筋肉をマッサージするのが効果的です。

あなたの夫には、「口の中を舌でマッサージする」よう教え、これを習慣にしてもらいましょう。

2.食べ物をよく噛む

昔から、「早飯早糞出世の秘訣」なんていう言葉があり…

仕事ができる人ほどご飯をあまり噛まず、飲み込むように食べる… といった意味合いを持ちます。

でも、食事をよく噛まないのが口臭の一因だったとしたら…

あなたの夫は、出世と引き換えに、「臭い口」を手に入れてしまったのかもしれません。

唾液は、「噛む」という行動が刺激になって分泌されますから、食べ物をよく噛むのは、唾液の分泌量を増やして口臭の改善にもつながるんです。

夫には、食事をよく噛んで、ゆっくりと食べさせるようにさせましょう。また、ガムを噛むのも効果的です。

3.水をよく飲む

特に年配の方に、「頻尿を恐れて水を飲まない」という人がいますが、これもまた口臭の原因になっている可能性があります。

口の中でいつも水分が維持されていれば、それが刺激となって唾液が分泌されるようになるからです。

もしもあなたの夫もあまり水分を摂らないようなら、「口臭予防(本当は改善)」のためと言って、水を頻繁に飲ませるようにしてみましょう。

もしも、「頻尿だから飲むのが怖い」という場合は、口臭とはまた別の意味で、泌尿器科で相談してみるのもいいかもしれません。

4.酸っぱいものを食べる

また、オーソドックスな方法としては、酸っぱいものを食べれば唾液が出やすくなります。

梅干し、レモン、クエン酸系の食品などが効果的です。

まとめ

今回は、「唾液が少ない=口臭の大きな原因」という点についてご紹介しました。

唾液の分泌量を増やせば、口臭の予防・改善につながります。

唾液を増やすための方法としては…

1.口の中を舌でマッサージする

2.食事をよく噛んで食べる

3.水をよく飲む

4.酸っぱいものを食べる

以上の方法が効果的です。

いずれも、すぐに始めるられるものばかりなので、ぜひ、試してみてくださいね!

また、今回の記事を読んで、「口臭」の仕組みをさらに詳しく知りたいとお考えになった方は…

【 旦那の口が臭い原因と、効果的な解決方法 】

こちらの記事も、ぜひ参考になさってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は恐縮ですがスルーされます。

PAGE TOP ↑