赤ちゃんの産み分けは可能か?産み分けに有効とされる方法

公開日: 

赤ちゃんの産み分け

男の子が欲しい…
女の子が欲しい…

お子さんを授かりたいと思っているご夫婦の中には、自然に任せるのではなく、産み分けを考えている方もいらっしゃるかもしれません。

実際、産み分けは可能なのか?
その方法や手段など、可能性を探ってみましょう。

スポンサードリンク

子供の産み分けは可能なのか?

産み分けについての考え方は人それぞれですが、初産の時は自然に任せるという人が多いようです。
ところが2人目以降になると、「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」など希望も出てきます。

最近は科学的な根拠の元、産み分けを実施する産婦人科も多くなっていて、欧米では産み分けは100%可能とも言われているほどです。
日本でも100%とまではいかないものの、かなりの確率で産み分けができるとされ、色んな方法を試してみる人が少なからずいるとのこと。

産み分けられる確率はどのくらいかというと、データ的には下記のような感じ。

・男の子を希望した場合:81~91%
・女の子を希望した場合:70~80%

こうしてみると、産み分けを希望しても3割程度の人は希望通りにいかないのが分かります。
そこで気を付けたいのが、生まれてきた子供には性別を選ぶことはできなかったということ。
男の子を希望していたのに女の子だったり、あるいはその逆の場合でも、精一杯の愛情をもって育てなければいけません。
その子の将来に亘り、「本当はどちらが欲しかったんだ…」などと子供に言ってはいけません。

男の子、女の子を産み分ける方法は?

男女どちらの性別の赤ちゃんが生まれてくるかは、男性のオタマジャクシで決定されると言われています。

男性のオタマジャクシには23個の染色体があって、その中の最後の23組目の染色体が「XX染色体」なのか「XY染色体」なのかで、生まれてくる子どもが男の子か女の子かが決定します。

それぞれのオタマジャクシにはどのような違いがあるのかというと、

・Xオタマジャクシ
女の子ができるオタマジャクシで、酸性に強いという特徴があります。

・Yオタマジャクシ
男の子ができるオタマジャクシで、アルカリ性に強いという特徴があります。

数的には、YオタマジャクシはXオタマジャクシの2倍の量です。
従って自然に任せた場合は、数に物を言わせてYオタマジャクシが卵に行きつく可能性が断然高く、生まれてくる子も男の子が多いことになります。

ところが人間の体というものはよくできているもので、女性の卵の周辺は雑菌を防ぐために強い酸性で保たれています。
ということは、酸性に強くないと卵まで行きつけないので、数が多くてもYオタマジャクシは途中でその大半が脱落していきます。
そうなると数が少ないXオタマジャクシにも勝機が訪れ、XとYの勝率は限りなく拮抗します。
つまり、男の子が生まれるか女の子が生まれるかは、限りなく五分五分になっていくわけです。
いずれにしても、子孫を残すという観点から、より強いオタマジャクシが勝者になります。

スポンサードリンク

そこで、産み分けをしたい場合は、女性の卵の周辺が酸性かアルカリ性かがカギを握ることになります。
一般に排卵日はアルカリ性になるので、その時はYオタマジャクシが数が多いこともあり有利になります。
男の子を授かりたいならその時が狙い目です。逆に女の子が授かりたいならその二日前くらいが良いとされています。
ただ、この方法はあまり成功率が高いとは言えないようですが…。

他に、人為的に酸性とアルカリ性の環境を作り出すような安全が保証された製品も多く販売されているので、それらも試す価値はありそうですが、成功率は定かではありません。
また、「リンカル」という微量の鉄分を含んだ天然のカルシウムの栄養補助食品があり、男の子が欲しい時に飲むと、その成功率は90%以上というデータが出ているとのことです。

ただ、個人的には自然に任せるのがいいような気がしてしまうのですが…。

赤ちゃんの産み分けにアルカリイン水が有効?

赤ちゃんの産み分けに有効な食品や飲料というものがありますが、その内のひとつ、アルカリイオン水は有効だと言われています。

男の子が欲しい場合は体内をアルカリ性にすると良いそうですが、体内をアルカリ性にするにはアルカリイオン水というわけです。
反対に女の子が欲しい場合は体内は酸性の方がいいので、アルカリイオン水は適しません。

また、食事療法で体内の性質を変えるという考え方もあります。

【 男の子が欲しい場合 】
・男性
主に肉や魚を摂取
・女性
肉や魚を摂らずサラダや乳製品、緑黄色野菜を摂取

つまり、男性は酸性に、女性はアルカリ性にということですね。

【 女の子が欲しい場合 】
・男性
サラダや乳製品を積極的に摂取
・女性
主に肉や魚を摂取

先ほどの逆で、男性はアルカリ性に、女性は酸性にということです。

このように、産み分けるための努力を惜しまず、食事療法までも行う場合は、どちらかが酸性ならどちらかがアルカリ性といった具合に夫婦間で調整が必要です。
しかしながら、食事療法での産み分けについては医学的には根拠がないと言われているのが実情です。
医学的な根拠がない上に偏った食事は身体に良くないので、食事療法による産み分けは止めておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんを産み分けるというのもなかなか大変なようです。
生まれてくる子の性別については、神様に任せるという人もいれば、どうしても男の子が欲しい・女の子が欲しいと希望する人もいるでしょう。
あまり思いつめるのも良くないので、自然に任せながらも、可能性のある方法なら試してみるか… 程度の考えでいる方がよさそうに思いますがいかがでしょう?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑