死亡する可能性も否めないカフェイン中毒とは?原因と予防法

公開日: 

カフェイン中毒

眠気を覚ますためにコーヒーを飲んだりエナジードリンクを飲んだりと、カフェインに頼ることはよくあると思います。

カフェインをとるとどうして眠気が覚めるんでしょうね?
カフェインを摂り過ぎるとカフェイン中毒になるとも聞きます。
中毒になると、最悪の場合死に至るケースもあるそうですが、どんな症状が出るか?などカフェイン中毒についてまとめました。

スポンサードリンク

カフェイン中毒になる原因は?どんな症状が?

カフェイン中毒は、カフェインを含む食品や飲料、錠剤などを摂取することで引き起こされる中毒のことです。
高濃度のカフェインや過剰摂取することで急性カフェイン中毒になる場合があります。

摂取したカフェインは、時間が経てば体内で分解・代謝されて消失するのが一般的です。
しかし、一度に大量のカフェインを摂取したり、カフェインを分解する酵素が薬物などで阻害されている場合など、カフェイン中毒に陥り、稀に死亡する例もあります。

カフェイン中毒の主な症状としては…

・精神的症状
落ち着きがなくなる、不安感、焦燥感、感覚過敏、気分高揚、多弁、一時的な不眠などの症状が起きます。
重症化すると妄想や幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こします。
稀にパニックなどの症状の他、自殺行為に及ぶケースもあって軽く考えるのは危険です。
うつ病や不安障害、パニック障害を患っている人や神経質な人は重症化しやすい傾向があります。

・身体的症状
胃痛、吐き気、嘔吐、胸痛、不整脈、心室細動、心筋収縮促進、動悸、血流増大、頻尿などの症状が起き、重症化すると足がつったり痙攣して歩行困難になったり、瞳孔拡大や頭痛が起きる場合があります。

常識的な範囲でコーヒーやエナジー飲料を摂取しても基本的に問題はありませんが、年齢やカフェイン分解能力、肝機能などの状態は人によって違うので、一概にどれだけの量のカフェインを摂取すれば危険かということは言えません。

ただ、例として、カフェインの含有率の高いコーヒーの場合、30分で100杯を超して飲むと死亡する可能性は十分にあります。
まぁ、30分で100杯は通常物理的に無理なので、錠剤等を過剰に併用しない限り死に至る可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

カフェイン中毒にならないためには?

個人差はあるものの、
カフェイン中毒になる目安の摂取量は…

・1時間以内:6.5mg/kg以上
・3時間以内:17mg/kg以上
(分母は自身の体重)

スポンサードリンク

と言われていて、この量を時間内に摂取した人のほとんどがカフェイン中毒を引き起こし、更に重症化しています。

カフェイン中毒にならないためには、言わずもながカフェインを摂取し過ぎないことが重要ですが、もしもなってしまったらどうすればいいか?というと、解毒剤のようなものはないので、血中のカフェイン濃度を低下させる必要があります。

カフェインには利尿作用があるので水分をしっかり補給したり、利尿作用で体外に排出されたカルシウムやカリウムを補給するために牛乳やスポーツドリンクを飲むなどして対処しましょう。

またカフェイン中毒が改善された後は心身共に過労状態となるので、身体を休めて栄養を補給し、十分にリラックスして休息することが肝要です。

カフェイン中毒で死ぬこともある?!

では、カフェインはどんな飲み物にどの位含まれているのでしょう?
以下は100mlあたりの含有量です。

・コーヒー:90mg
・紅茶:20mg
・緑茶:20mg
・コーラ:90mg
・栄養ドリンク:50mg
・エナジードリンク:60mg

普段良く飲むコーヒーに多く含まれていることが分かりますが、コーヒーの場合、一気にそれほどの量を飲める訳ではありません。
気をつけないといけないのが以外と含有量が多く飲みやすいエナジードリンクです。
味も美味しくついついジュースのように飲んでしまいがちですが、カフェインを多く含んでいるため注意が必要です。

エナジードリンクを短時間に大量に飲んだために死亡してしまったという例もあるので、飲み過ぎには気をつけるようにしないといけません。

ところで、最近はカフェインが入っていないカフェインレスのコーヒーや紅茶などの飲み物も流行っていますよね?
妊婦さんや一部の内臓疾患を患っている人には好評です。

しかし、眠気覚ましにカフェインを摂っている人からすれば意味のない飲み物です。

ですが、ここで気を付けたいのは、眠気を覚ますために必要なカフェインの量は250~300mgだということ。
その量をコーヒーで摂ろうとすると一度に3杯飲むようになります。
それだけの量を眠気覚ましのために摂取するのは大変だしカフェイン中毒も気になります。
眠気を覚ましたいなら他の方法を模索した方がいろんな面で良さそうです。

また、カフェインは日常的に摂取していると身体がそれに慣れてしまって効果が薄らぎます。
そんな場合は3日ほどカフェイン摂取を控えると良いでしょう。

まとめ

眠気を覚ますには手っ取り早くカフェインだ!と思いがちですが、カフェインの摂り過ぎで死亡例もあることを考えるとあまり良いとも思えません。

特にエナジードリンクは美味しく仕上がっているのでついたくさん飲んでしまいがちですが、きちんと分量を守って飲まないとダメですね。

最近何だかちょっと調子が悪いと思っているあなた、もしかするとカフェインを摂り過ぎているかもしれませんよ?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑